日記・コラム・つぶやき

October 21, 2017

災害救助用炊き出し袋

災害ボランティアの訓練に参加した人が災害時の炊き出し用にハイゼックスというビニールの袋があり、それで炊いたご飯を食べたとのこと。ご飯がないときにちょっと炊いて食べるのにいいかもしれないと思って試しに買ってみた。

その袋がこれ。

Img_2965
途中に一合の米の目印と水の目印がある。お米を入れた状態がこれ。

Img_2968
水を入れて口をゴムで縛る。このときしっかり空気を抜いておくことが重要。

鍋に入れて炊いている状態。この状態で30分間炊く。この状態で30分間も炊いていると水がどんどん蒸発して大量の水が必要で、ガスの量も馬鹿にならない。

Img_2969
炊き上がったところがこれ。

Img_2970

半分を茶碗に入れた状態。食べられないことはないというレベルのぼそぼそのご飯。
Img_2971

味は今一だが、災害時の炊き出しには一食づつ材料を入れて炊くことが出来るので非常時の衛生管理には有効だと思われる。世の中にはいろいろなものがあるものだ。

通常の状態でのご飯は圧力鍋で炊いて食べるのが経済的で、かつ美味しいので一番のようだ。

| | Comments (0)

October 13, 2017

秋桜 白木峰高原

白木峰高原のコスモスが満開との情報で、今週はしばらく雨が続きそうだとの予報もあったので曇り空だったが花を見に行った。

曇り空だったが、満開の花々がきれいだった。雲仙のお山には雲がかかっていた。

Img_2961

Img_2959

Img_2956

秋は秋桜、春は菜の花の白木峰高原が賑わうときだ。沢山の人が来て、出店も出ていて好物の梅ヶ枝焼を買って帰った。

| | Comments (0)

October 09, 2017

百日紅の花が終わりになった

街路樹の百日紅の花がいよいよ終わりになってきた。暑い夏の間を赤い花で和ませてくれてありがとう。

Dscn9802

Dscn9804
百日紅が終わるともう秋本番だ。しばらくは食欲の秋、紅葉の秋が楽しめそうだ。

| | Comments (0)

October 02, 2017

爪楊枝を入れる小物入れ

サークル活動で爪楊枝を入れる小物入れを作った。作ったと言っても型と布は先生が用意してくれていて生徒はボンドで貼ってハサミで切るだけ。出来上がりがこれ。

Img_2917_2
綺麗な和風の布で可愛く出来上がった。爪楊枝をバッグに入れておいて食事会か何かでそっと取り出して使うといいでしょうということだった。

裏側はこれ。裏もきちんと紙を貼って押さえている。

Img_2918

材料も用意されていて型紙に布をボンドで貼ってハサミで切るだけの作業だが、何事も初めての時は、どうしたらいいかわからないので、先生に手とり足取り(?)で教えて貰いながら作っていった。そろそろ認知症を心配しないといけない年ごろの人ばかりなので良い頭の体操と指先の運動になった。

| | Comments (0)

October 01, 2017

秋の風景

10月に入りすっかり秋の気配になってきた。コスモスの名所白木峰高原ではコスモスの花が咲き始めた。満開になるのはもうしばらく後のようだ。

Img_2897

昨日は福岡へドライブで行ってきた。途中で眺めた大村湾の風景。気持ちの良い青空だった。

Img_2910
手前は茶処 東彼杵の茶畑。湾の向こうに3本の柱が見えるのが針尾の無線塔。太平洋戦争のときには指令信号の送受信に重要な役割を果たしていたそうで、その姿が今も残っている。

戦後70年、平和が当たり前のこの世の中がずっと続いてくれるように願っている。

| | Comments (0)

September 19, 2017

彼岸花と百日紅

お彼岸が近づいてきたと思ったら彼岸花が咲いてきた。花が時期になると一斉に咲くのはいつものことながら生命の不思議を感じる。

これは散歩の途中で撮った彼岸花。

Dscn9732

Dscn9730
街路樹の百日紅がまだ花を咲かせている。もう秋の季節になってきたので百日紅の花もあと10日ぐらいだろうか。

Dscn9739
これからしばらくは気持ちの良い季節が続く。花を眺めながら散歩を頑張ろう。

| | Comments (0)

August 06, 2017

段ボールの遊園地

長崎に映画を見に行ったら、長崎駅前の広場で段ボールで出来た遊園地が作られていた。いろいろな遊具が段ボールで出来ていて子供たちが楽しそうに遊んでいた。

Img_2573a

これは昨日の諫早平野の様子。台風五号が奄美大島のところに来ているそうだが、その影響で風が強く吹いていて、稲穂が風で揺れていた。

Img_2574a

| | Comments (0)

July 17, 2017

夏の雲

北部九州朝倉・日田地域では猛烈な豪雨で大きな被害が出たが、その後は今度は猛烈な暑さが襲ってきた。

これは夏の雲。

Img_2547

田んぼにはきれいにそろって植えられた青々とした稲の苗が見える。いよいよ夏は本番である。

Img_2548

| | Comments (0)

May 30, 2017

大村公園の花菖蒲

夏が近いことを思わせる暑さで、我が家の玄関先の温度計も33度を示していた。

そろそろ大村公園の花菖蒲が満開ではないかと思ってドライブして見に行った。満開の畑とまだもう一息の畑があり、江戸系の花菖蒲はほぼ満開だった。Img_2382a

今がちょうど見頃で、平日にもかかわらず大勢の人がいた。

Img_2383a

ここはまだ五分咲きといったところか。櫓を正面に撮る公園の宣伝にも載っている撮影スポットだ。

Img_2400a

| | Comments (0)

May 04, 2017

折り紙で作る鯉のぼりの色紙飾り

サークル活動で今の季節に合わせて折り紙で作る鯉のぼりの色紙飾りを作った。出来上がりがこれ。

Img_2254a

折り紙の鯉を除いて他のものはすべて先生が用意してくれて、生徒は折り紙で鯉をつくるだけ。

折り紙を用意する。

Img_2255a

半分に三角に折って折り目をつける。

Img_2256a

また中央に向かって折り目をつけ、これを同じように4回繰り返す。

Img_2257a

中央部分を合わせて山折にする。

Img_2258a

中央が胸鰭になるので押さえる。

Img_2259a

半分に全体を山折して胸鰭の部分を追って胴体より少し下にひれが出るように折る。

Img_2261a
頭の方を折りこむ。

Img_2262a
反対側を山折に折りこんで尻尾を作ったら鯉の飾りの完成。

Img_2263a

背中の中央部分にボンドをつけて両側を貼り合わせる。

色紙を用意して、そこにポールをボンドで貼り付け、口金部分と風車を貼り、吹き流しを貼り、鯉の飾りの頭の部分にボンドをつけて貼る。鯉の飾りと口金の間の線はボールペンで書いた。

ああでもない、こうでもないと言いながら先生の指導と他の人の様子を見ながら無事に完成。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧