心と体

July 06, 2017

閃輝暗点(せんきあんてん)

或る晩、パソコンを見ていたら目の前に下図のような感じのキラキラが見えてその部分が見えなくなった。この状態が30分近く続いて、その後は元に戻った。

Img_2509

出典 土屋薬品MEDIOUSSより抜粋

その後朝になったらもう異常はなかったが、困ったなと思ってまずはかかりつけの内科に行った。右の眼で見ても左の眼で見ても同じに見えたので眼の問題ではなく、脳神経の問題とは思うがまずは眼科に行って、そこから必要なら脳神経科を紹介してもらうことになるだろうとのことだった。

次は眼科に行った。眼科に行ったらそれは「せんきあんてん」だと言われる。そのままいろいろ眼の検査をして「まあ今はおさまっているから大丈夫でしょう」と言われて帰ってきた。

帰ってから「せんきあんてん」という言葉を調べてみたら「閃輝暗点」というもので若い人は片頭痛が原因のことが多いが、老人で頭痛もなくこれが出たら脳梗塞や脳腫瘍を疑う必要があるので脳神経科に行って精密検査を受けたほうが良いと書いてあった。

あとで先生に聞いたら、「閃輝暗点」は脳梗塞の可能性は低く、神経性のものでてんかんの一種だとのこと。ちょっと安心した。

| | Comments (0)

April 01, 2017

ウンパニ体操

世界一受けたい授業を見ていたら、第一印象を良くするには笑顔が大事で、良い笑顔を作るためにウンパニ体操をするといいそうだ。

ウンパニ体操とは、

「ウ」 口を大きくとがらせ、眼も大きく見開きながら ウーと言う。

「ン」 眼をギューッと閉じて、顔を中央に寄せてンーと言う。

「パ」 驚いた顔で顔の緊張を一気に開放してパッと言う。

「ニ」 頬を持ち上げるように口を横に開いてニーと言う。

こうすることで顔の筋肉がほぐれるそうだ。

これはなかなか良さそうなので「あえいうえおあお」と合わせて「ウンパニ」とやって顔の筋肉をほぐしていこうと思う。

参考にしたのはこれ。

http://beblog.info/unpani/2/

| | Comments (0)

August 31, 2016

便秘対策 イサゴール

年をとるといろいろな機能が衰えてくる。朝からのお通じもその一つだ。健康な人は毎朝何も気にしないできちんとできる。私も若いころは普通に気にしていなかったが、ある時固い便になって出したくても出なくてお腹が痛い状態になり七転八倒したことがあった。このときは、長い時間頑張ってかろうじてなんとかなった。

腸の働きを良くするアローゼンというお薬をお医者さんに処方してもらってその後は何とか普通に暮らしていた。

ところがこのお薬は生薬なのだが、習慣性があってだんだん効果が薄れてきて、また腸が黒くなったりと長期間の服用は勧められないとテレビの健康番組で放送していた。説明書を見たら長期間の服用はしないようにとの記載もあった。

それで腸内環境を改善すべくヨーグルト、青汁、食物繊維の豊富な野菜類、海藻などを摂るようにしてアローゼンを止めることにした。

しかし、アローゼンを止めたらまた、昔のように便が固くなって出ないことが多くなり、腸内環境の改善だけではだめなのでアローゼンを再開するかと思いながらネットで調べていたらイサゴールというサプリメントが効果があるとの記事を見つけた。

Img_0416a

物は試しとお試しセットを買って使ってみたら、少し改善の兆候が見えたので、早速購入して続けていった。

初めは朝晩二包飲んでいたら、朝からお腹が張って痛いので、晩の一包だけにしてみたら、なんとかお腹の張はなくなった。量を減らしたので効果が薄れるのではないかと心配したが、まあまあ大丈夫だった。

これで現在まで45日になるが、現在は概ね朝からきちんとできるようになってきた。このサプリメントは今のところ私にとって救いの神だ。

| | Comments (0)

May 13, 2016

健身球  健康体操

知人の90歳の体操の先生が認知症になりそうだったが、健身球を始めたら元気になったという話を教えてくれた。

ものは試しと健身球を買ってみた。

それがこれ。

Dscn9024a
1組2000円程度と価格も手ごろで見た目も可愛い。

早速回してみようとトライしてもなかなか指が動かない。

Dscn9027a
三日目なんとか両手とも球が回せるようになってきた。

これは指の運動にとてもいいので気に入った。

指のツボを刺激するので、血流改善や体調改善にも有効なのだそうだ。血流が良くなれば脳にもよさそうなので認知症予防の効果があったというのも確かかもしれない。

いろいろ効果も期待できるが指でぐるぐる回していると気分も爽快になってくる。

頑張って練習してくるくる回せるようになろう!!

| | Comments (0)