住まい・インテリア

September 23, 2017

針金ハンガーを使ったリーチャー

クリーニングで針金ハンガーがついてくることがある。

今回はこの針金ハンガーを使って遠い所にあるものを取ったりするのに便利なリーチャーを作った。手の届かないところでもこれを使うと結構物を掛けたり外したりすることが出来る。

現物がこれ。

Img_2890
針金ハンガーを延ばして二つに曲げる。味噌はこの先端部分にある。

Img_2891

上の写真のようにコの字に曲げる。こうすることで上の方にあるものをひっかけたり押したりできる。

また、額縁などを上の方にかけるとき紐の部分にコの字の部分をかけて遠し、上の釘などに紐を掛けてずらせば簡単に掛けることが出来る。

これはおまけ わが庭の白い彼岸花。

Img_2887
金木犀の木の根元に突然どこからか飛んできたようだ。知らない間に芽生えて大きくなって白い花を咲かせた。

このまま来年も咲いてくれるといいのだが、果たしてどうなるだろうか。

| | Comments (0)

September 15, 2017

I型ピーラ

以前、あさいちのピーラ特集で I型ピーラを紹介していた。

Img_2872
面白そうだったので買ってみたのがこれ。結構長さがある。それほど便利というほどではなかったが、牛蒡のささがきなど薄く切りたいときに包丁の代わりに使うと結構使い勝手が良い。

そこで生姜の甘酢漬けをトライしたら結構薄く切れて美味しく出来た。

Img_2871
薄切りの生姜がこれ。

Img_2874

甘酢につけた状態。砂糖の代わりにらかんか顆粒を使ったので茶色になっている。

神尾シェフの「がんで死なない食事」の本で精白糖や精製塩が身体に悪いという。確かにそういわれればそうだろうなと思ったので極力使わないようにしようと思っている。

Img_2876

通常のT型ピーラがこれ。普通に野菜の皮むきなどに使うには使い慣れているせいもあるかもしれないが、こちらの方が使い勝手が良い。

| | Comments (0)

September 05, 2017

チラシで作る紙箱

公民館のサークルで幹事さんがチラシでお菓子を入れる紙袋を作っている。それがこれ。用が済んだらそのままゴミで捨てればよいので便利である。

Img_2863_2
作り方は以下の通りである。

新聞のチラシはB4のサイズで長方形になっている。長方形でないといけない。

Img_2851

これを二つに折る。

Img_2852

真ん中に折り目を付けて、そこに下図のように折る。紙飛行機を作る要領だ。Img_2853
裏返して下図のように端に折り目を付ける。

Img_2854
折り目がついたら一度広げる。

Img_2855
半分に折って、下図のように谷折りに折り込む。反対側も同様に折り込む。

Img_2857

下図のように端面が中央に来るように合わせて折る。四か所とも同様に折る。

Img_2859
下端を下図のように折る。

Img_2860
下図のように端を斜めの部分に折り込む。これを四か所とも同じようにする。

Img_2861
これが完成した形。これを広げて底を平らにならすと最初の姿の箱が完成。

Img_2862

| | Comments (0)

June 28, 2017

Viledaスポンジクロスの台拭き

生活研究家の阿部絢子さんの本を読んでいたらキッチンのシンクは使った後はきれいに布巾で拭きましょう。そのために布巾はシンクの傍に置いておくといいですよ。と書いてあった。

我が家のシンクも年代物で水垢でくすんでいるが、遅まきながらきれいにしようと布の布巾を傍に置いて拭くようにした。

昔、知人に貰ったVILEDAの布がある。

Img_2491

どう使うのか使い道がわからず置いたままにしていたが、調べてみたらシンクの台拭きに使うとよいということだった。Img_2492

そうか!試しに使ってみようと思って使ってみた。なんとこれが大正解!!

水分の吸収がよく、吸った水も良く絞れる。布の布巾と比べると格段に使い勝手が良い。NETで値段を調べたら一枚300円くらいになるが、そんなにたくさんいるものでもなく使い勝手の良さから今後はこれでシンクをピカピカにしておこう。

台拭き以外の使い道も見てみたが、台拭き以外はそれほど使える用途はないようだ。

| | Comments (0)

June 08, 2017

レンジフードのフィルタ

コンロの上のレンジフード。油などの換気には必須のアイテムである。このレンジフードに金属のフィルタがついていて、取り扱いの注意では1カ月に一度の掃除が必要とうたわれている。

ところが、このフィルタのお掃除が面倒で洗剤で洗っても油汚れがなかなか落ちず、落ちた汚れが廻りを汚し、ようやく洗ったら、今度はしばらく乾燥するまで待ってから、また取り付けると結構半日がかりの仕事だ。面倒なのでなかなか掃除をしないでいると今度は油が上からしたたり落ちてくるので、上を気にしながら調理しないといけなくなる。

改善策はないものかと思案して貼り付け式のフィルターを探した。ものは試しでトライしたらこれが正解。
貼り付け式のフィルタを取り付けて交換する前の汚れた状態がこれ。大体ひと月程度使用するとこの状態になる。

Img_2428
この汚れたフィルタを外して新しいフィルタを着けるとこのようにきれいに復活する。

Img_2430_2
この交換は金属のフィルタごと外して汚れた貼り付け式のフィルターを取り除きゴミ袋に入れる。金属のフィルターをキッチンペーパで軽く拭き、新しい貼り付け式のフィルタを金属のフィルタに貼り付ける。貼り付けた物をレンジフードに取り付けて作業終了。所要時間は約10分。乾燥の手間もいらず、以前に比べて雲泥の差。この程度なら月に一回の交換も全く苦にならず、いつもレンジフードがきれいな状態を保たれる。

貼り付け式のフィルタがこれ。深型用フィルタ―とあったが、我が家のレンジフードにもなんとか使うことが出来た。

Img_2431

| | Comments (0)