グルメ・クッキング

November 23, 2018

鯖の水煮缶 DHA/EPA

鯖の水煮缶がある。

Dscn0833

鯖などの青魚を食べるとDHA/EPAが取れて、認知症対策に有効だという。しかし 魚料理は面倒でなかなか毎日食べるのはむつかしい。

そこでサプリメントの登場。毎日4粒飲めばDHA/EPAがとれるというサプリメントを定期購入して飲むことにした。

Dscn0835
ふと、 鯖の水煮缶のラベルに記載してあるDHA/EPAの量を見たらDHA2717mg、EPA2071mg(1缶190gあたり)と書いてあった。

Dscn0832
DHA/EPAがとれるというサプリメントの量はDHA510mg、EPA110mgで水煮缶に大差をつけられていた。これなら三日に一缶食べてもサプリメントより多く摂れる。

サバの水煮缶はサラダに入れたり、鯖缶カレーにしたりといくらでも手軽に食べられる。ということでサプリメントの定期購入は止めて鯖の水煮缶をこれからは食べることにした。

鯖缶には水煮缶のほかに、みそ煮や味付けがあるがこれは味がついているので料理には適していない。水煮缶も軽く塩味があるが料理を邪魔するほどではないのでお勧めである。

| | Comments (0)

November 06, 2018

ホットサンドベーカーを買った!

ホットサンドベーカーが今人気だとの記事を見た。おいしそうなホットサンドが出来てSNS映えするので人気なのだそうだ。

確かに良さそうなので早速アマゾンで選んで買ったのがこれ。注文したらすぐに届いた。

Dscn0787
写真で見た時は大きい感じだったが、実際は大形の弁当箱程度のもので場所もあまりとらない製品だった。ビタントニオ 厚焼きホットサンドベーカーgooood VHS-10 お値段はアマゾンで送料無料の5810円。

Dscn0791

焼きあがったものがこれ。目玉焼きを挟んでみた。Dscn0782

ホットサンド完成!!なかなか美味しく出来た。Dscn0785

お腹が満ちたところで外に出た。街路樹のハナミズキが葉が紅葉して赤い実をつけていた。

Dscn0803

そろそろ冬が近づいてきている。

| | Comments (0)

October 17, 2018

焼きそば

焼きそばも昼に食べるのにはもってこいのメニューだ。焼きそばの生めんを買い込んでおいて冷凍保存して、食べる前に早めに常温において解凍しておけばいつでも手軽に食べられる。野菜も適当にあるものを入れて美味しく食べられる。

Dscn0736

焼きそばの美味しい作り方のレシピがあったのでそれをアレンジして焼きそばを作るとこれが美味しい。昼食の定番メニューとして正位置を確保した。

Dscn0737
作り方 

1:料理酒大匙2、醤油大匙1、みりん大匙1、オイスタソース大匙1、ウスターソース大匙1を混ぜておく

2:麺をお湯につけて湯通しして油を切る

3:フライパンに油を敷いて麺に火を通して一旦取り出しておく。

4:玉ねぎ1/4個を細きりにして炒め、豚肉120gを入れて炒める、次にキャベツやもやしなど適当な野菜を入れて炒め、①のタレをかけて混ぜ合わせる。

5:取り出していた面を入れて炒め合わせる。2分くらい強火で炒めれば完成!

昼食をした後、諫早平野の方へ軽くドライブに出た。諫早平野はもう収穫の秋で稲穂が黄金色に垂れていて刈り取りの済んだ田んぼもあった。

Img_4362

| | Comments (0)

October 16, 2018

めんつゆ

長崎には島原そうめんがある。麺が細くてコシがあり、つるっとしたのど越しが良くて美味しい。美味しいそうめんが地元にあるのは嬉しいことだ。

昼ご飯を食べようかなと思うとついそうめんに手が出てしまう。すぐに出来て、かつ美味しいと来るとそれも当然ではある。

これは島原そうめん。

Dscn0731
そうめんには麺つゆが不可欠だが、しらだしが沢山あるのでこれで麺つゆを作ることにした。出来た麺つゆがこれ。

Dscn0733
材料:しらだし 100cc、みりん50cc、醤油50cc、料理酒50cc、水100ccを入れてひと煮たちさせてさましてから瓶に入れて保存しておく。瓶はめんつゆの空き瓶を使用した。

| | Comments (0)

September 30, 2018

秋の味覚 土鍋で栗ご飯

秋の味覚 栗を沢山いただいた。栗ご飯を食べようと思って、折角だから土鍋で炊くことを思いついた。

出来た土鍋の栗ご飯。ほくほくの美味しい栗ご飯が出来た。

Dscn0693

材料 

栗(皮つき) 400g

米 2合、料理酒 大匙1、みりん大匙0.5 塩小さじ 0.25 水500cc

作り方

1)米を別の洗い容器で水洗いして30分間以上漬けておく。

2)栗の皮をむく。ひたすら鬼皮をむいて、渋皮を包丁で剥く。※これが一番の難作業

3)料理酒、みりん、塩を容器に入れて混ぜておく

4)土鍋に1,2,3を入れて蓋をして火をつけ中火で炊く。

5)10分くらいで沸騰してくるので火を弱火に落とす。

6)弱火で15分ほどで炊き上がり。蓋を開けて水気が残っている感じならさらに2分毎に様子を見て水気が無いなと思ったら火を止める。

7)そのまま10分間しっかり蒸らしたら出来上がり

水は栗を入れていたので多めに500ccにしたが、ご飯だけの場合は、2合で400cc、3合で600ccが頃合いの水量だそうだ。

※これから土鍋ご飯に挑戦しようと思い立ったのだが、土鍋は優しく取り扱ってやらないといけないのだそうだ。

※火にかける前に水気がないようにしておかないと割れのもとになるそうなので、米を水に漬けておくのは別の容器にしないといけない。

※土鍋に水がついていないかどうかもしっかり点検して水が付いていたら火にかける前に拭いておく。

※ひびが入ってきたらご飯を炊いて、その糊で皮膜を作るといいのだそうだ。洗うのもゴシゴシ洗わず水につけてスポンジで柔らかく洗うのが良さそうだ。

大事に土鍋を使ってこれからしばらく土鍋ライフを楽しみたいと思う。

| | Comments (0)

September 22, 2018

モケカ(カピシャーバ風) ブラジル料理

ブラジル料理にモケカという白味魚を使った鍋料理があるそうだ。そこでレシピを教えて貰った。

オリジナルのレシピがこれ。

材料:

魚の切り身(白身)2切れ

パクチー(パセリでもOK) 少量

ネギ 少量

玉ネギ 1個

ニンニク 少量

トマト2個

鷹の爪

オリーブオイル

作り方:

土鍋で作る。

オリーブオイルでニンニクを炒め、輪切りの玉ねぎ、輪切りのトマト、魚の切り身を土鍋に並べ重ねて、ネギとかパクチーを振り入 れ、鷹の爪、レモン汁を加えて、最後にコップ1杯か2杯の水を入れて煮る。水の代わりにココナッツミルクを入れても美味しいそうだ。

このレシピを参考に作ったのがこれ。もちろん土鍋で作った。

Dscn0672

白味魚はタラがあったのでそれを入れ、パクチーとねぎはなかったのでピーマンで代用した。トマトも1個にしている。レモン汁もなかったので米酢を代用した。

手順通り材料を入れて土鍋の水が沸騰して来たら蓋をし、火を弱火にして15分煮込んだ。

味付けは塩少々を入れたが魚に塩味があったので入れなくても良かったようだ。トマトと玉ねぎから柔らかく味が出て、とても美味しかった。

コップ1杯から2杯の水は適当でいい。今回はコップ1杯の水を入れた。水が多いと美味しいスープが飲めるのでお得かもしれない。

 

| | Comments (0)

September 07, 2018

チーズタッカルビ

タッカルビは韓国通の友人が一番好きな韓国料理だと言っていた。私は何回も韓国に行ったが残念なことにタッカルビは食べたことが無かった。先日の健康番組でチーズタッカルビが放送されていたのでレシピを探して作ってみた。

出来上がりがこれ。

Dscn0635

鶏肉とキャベツの炒め物だが、ポイントはコチュジャンで鶏肉に味をつけているところなのでコチュジャンを近くのスーパーで調達してきた。本場の味を知らないのでこれでいいのかは不明だがなかなか美味しかった。

材料 鶏もも肉 1枚(胸肉でもよい) 玉ねぎ1/4個、キャベツ4,5枚、じゃが芋1/2個、人参1/2個、とろけるチーズ適量

調味料 コチュジャン大匙1、醤油大匙1、料理酒大匙1、砂糖大匙1/2、生姜適量、ニンニク適量

作り方 鶏肉を1口大にそぎ切りし、調味料を入れた袋に入れて揉み込み30分以上漬け込んでおく。

野菜類を適当な大きさに切っておく。

フライパンにごま油を敷いて玉ねぎ、人参を傷め、鶏肉を入れて炒める。最後にきゃべツを入れて軽く炒める。

この状態で大体10分間くらい弱めの中火で蒸し焼きにする。ときどき焦げ付いていないか見ながら、焦げ付きそうなときは水か料理酒を追加する。

最後にとろけるチーズを入れて再度蒸し焼きにしてチーズが溶けたら完成。

| | Comments (0)

September 06, 2018

パンに切れ目を入れたトースト

ブログを見ていたらもこみちトーストなるものがあった。厚手の食パンに切れ目を入れてトーストしてオリーブオイルと塩をかけて食べるものだそうだ。

美味しそうなので試してみた。

Dscn0621
パンに切れ目が入っているのでパンの食感がふわふわで美味しい。パンにはもともと塩分が含まれているので塩はかけなくても十分美味しい。

切れ目を入れてオイルをかけてからトースタで焼いても美味しい。こちらはパンがカリカリになる。パンに切れ目を入れるのはなかなかいい方法だ。

こちらは庭の白い花。今日一斉に満開に花開いた。昔、八代の実家から持ってきた花で生命力がすごく強い花だ。花の名前は未だに知らない。

Dscn0623

| | Comments (0)

September 01, 2018

チーズ乗せ焼きトマト

テレビの番組で林先生がトマにチーズをのせてオリーブオイルをかけてレンジでチンして毎朝食べているという。私もトマトは美容(?)と健康のために毎日1個を食べるようにしている。
この話を聞いて、なるほどと思って焼きトマトにすることにした。

薄切りにしたトマトに料理用のとろけるチーズをひとつまみかけてオーブンレンジで6分焼いたものがこれ。

Dscn0603

トマトの甘みと酸味が出て美味しい。チーズの味もほどよく生で食べるより美味しいので嵌まってしまった。

※その後電子レンジでも作ってみた。結果は電子レンジで作る方が正解だった。600W1分で美味しく出来て、お皿も熱くならないので電子レンジの方が良い。カロリーを気にしなければオリーブオイルをかけると更に美味しい。

| | Comments (0)

August 22, 2018

ゴーヤの甘酢漬け

今の時期ゴーヤが旬で沢山ある。ゴーヤと言えばゴーヤチャンプルーだが、知人がゴーヤの甘酢漬けのレシピを教えてくれた。お酒のつまみにもなるというので作ってみた。

適当な甘さがあってお菓子感覚で食べられる。これならゴーヤが沢山あってもすぐなくなりそうだ。

出来たゴーヤの甘酢漬けがこれ。レシピではうすくち醤油だが、うすくち醤油は家にないので普通の醤油にしたので真っ黒だが、見た目を気にする場合はうすくち醤油を使うとよい。砂糖も最近は精白糖は身体によくないというのでキビ砂糖をつかっている。レシピでは氷砂糖を使うとのことだった。

Dscn0578
材料 ゴーヤ300g(種とワタを除いた量)

砂糖90g(レシピでは氷砂糖)

酢 60g

醤油 60g(レシピではうすくち醤油)

作り方は簡単でゴーヤを薄切りにしてタッパウエアなどの容器に入れ、そこに砂糖、酢、醤油をかけて一日置いておくだけ。

簡単でかつ美味しい優れものだ。砂糖の量は自分の好みで調節すれば良い。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧