« June 2018 | Main | August 2018 »

July 2018

July 27, 2018

食パンの冷凍保存

主婦の人と話していたらみなさん食パンは冷凍保存されているとのこと。フランスパンも冷凍で保存するのだそうだ。それで冷凍庫が一杯になるとのこと。食パンは冷蔵では保存していたが冷凍保存はしていなかったので試しにトライしてみた。

保存前の食パンがこれ。冷凍する前に一度パンは解凍するときに取り出しやすいように一枚ずつばらして袋に戻す。

Dscn0528

最近は少し値段は張るが天然素材を謳っているものにしている。添加物に使用されているイーストフードは一見イースト菌に見えるが全く別の合成調味料で発がん性が疑われているのだそうだ。またマーガリンもトランス脂肪酸で危険物だとのことだ。

冷凍保存したものを解凍するときは自然解凍で大体15分ほどすれば解凍できる。解凍した状態がこれ。結構ふわふわ感がある。

Dscn0531

冷蔵保存ではパンが吸湿したり、長期に置いておくとカビが生えたりするが、冷凍保存なら長期間保存が効くので良い方法だ。冷凍するときは買って来てから出来るだけ早く冷凍することで美味しさが維持できるのだそうだ。

これは三日前の諫早平野の田んぼ。田んぼも干上がっているように見えるがこれは中干し作業で水を止めているためのようだ。稲の緑がさわやかに感じる。

Img_4054

| | Comments (0)

July 16, 2018

七並べ

トランプの七並べを久しぶりに遊んだ。簡単なゲームだが大人でも十分楽しく遊べた。

遊び方は次の通り。

トランプカードを参加者に順番に配っていき、手札に7を持っている人はそれを場に出す。

Img_4037
ダイヤの7を出した人から左回りに順番に連続する札を出していく。連続する札を持っていないときはパスをして次の人の番になる。

Img_4038
連続する札を持っていてもワザとパスすることもOK

パスは3回までとし、4回目のパスになった場合は、そのひとはゲームから脱落する。脱落した人の札は全部、場の該当の位置に置いて残りの人でゲームを続ける。

札が順番に出て行ってAまで来たらその種類のカードはKからの順になる。(Kまで出たらその場合はAからの順になる)

Img_4042

ジョーカーを一枚入れておく。ジョーカーは、1枚飛ばした順番のカードと一緒にしかだせない。

Img_4046
ジョーカーが出たら、そのジョーカーの位置のカードを持っている人は場に出さないといけない。手持ちのカードがジョーカーだけになって他に出せるカードがない人はその時点で脱落となる。

これを繰り返していって一番最初に手札が無くなった人が1番で、手札が無くなった順に2番、3番となる。

また、最初に脱落した人はビりで、次に脱落した人はビリから2番目。

こうしてゲームを10回して 1位3点、2位2点、3位1点として合計点を集計してそのゲームの順位をつける。

| | Comments (0)

July 13, 2018

ヒトデのようなサボテンの花

公民館の玄関に珍しいヒトデのようなサボテンの花が咲いていた。Img_0145

名前を調べてみると実はサボテンの仲間ではなく、ガガイモ科の多肉植物「スタペリア」と言う植物だそうだ!!

それにしても美しいとはいいがたい怖そうな花だ。

先日の大雨の後、真夏の暑さになった。これは夏の雲。暑い!!!

Img_0136

| | Comments (0)

July 04, 2018

ルービックキューブの揃え方 四隅から揃える方法

ルービックキューブの六面揃えを上面に十字を作る方法を前に書いたが、十字を作らず四隅から揃えるやりかたがあるというので調べてみたら、これもネットに載っていた。その方法でトライしてなんとか六面を揃えることが出来た。

手順記号は前回と同じで、その揃えの手順。

初期のバラバラの状態

Img_3857

1)白の面を上に持って四隅を合わせた状態。四隅の色はセンターキューブの色に合わせて揃える。ここは前回と同じ要領で出来る。

Img_3864

2)上下をひっくり返してみた。世界標準色の場合白の反対側は黄色になる。

Img_3866

四隅のキューブの色の組み合わせが各面のセンターキューブの色の組み合わせと同じになっているところを探す。同じところがあったら、そこを右側に持ってくる。

2-1)左側の隅のキューブの上下を入れ替える手順。白の面を手のひらにあてて黄色の面を正面にして回す。

  LFL'F'D'LD  注)Dは下面を示す

四隅を揃えた状態が下図。

Img_3869

2-2)左側に黄色が来るように持って、黄色が上に来るように動かす手順

  LF'LF'LF'L'FL'FL'F  LF'3回L'F3回繰り返しと覚える。

2-1,2-2を何回か繰り返して、下図のように上面の四隅もキューブの色が揃う。

このときすべての隅の色もそろっている

Img_3872

3)またひっくり返して白の面を上にして中間のキューブの色を白に揃える。これは入るべきキューブを探してセンターキューブと同じところにまず持ってくる。そして真ん中の列を逃がしたり戻したりしてそれぞれ適当な位置に入れる。これで下図のように底面と下一段目の色が揃う。中央の列を入れ替えても隅の位置関係は変わらないが、中央だけを動かすように慎重に行わないといけない。

Img_3874

4)またまたひっくり返して黄色の面を上に持ってきて、2段目の色を揃える。Img_3877

右上の緑のキューブを左中央の赤いキューブの位置に動かすと2段目が緑になる。

その手順は

  LULUL'U'L'U'L'

と動かすと左中央に右上のキューブが移動する

左上のキューブを右中央に持ってくるときは右だからRを動かし

  RU'RU'RURUR

この手順を繰り返していくと2段目の色が揃う。

ここの手順の覚え方は移動先の列を(下げる、上を寄せる、下げる、寄せる、戻す、離す、戻す、離す)。

5)上面のキューブが下図のように2個だけ色が違う場合、Img_3881

図の配置に持って緑の面を正面として

  M'UMU2M'UM

と回せば上の面が黄色に揃う。

なお、この時点で4個以上揃ってない色がある場合、この手順を2回繰り返して上の面の色が揃う・

また、上面の色を替えずに中のキューブの位置を移動する方法は

  F2UMU2M'UF2

と動かしてキューブの位置を変える。

6)下図のように上面の色が黄色になり横4面の一面の色がそろった状態になれば前回の最後と同じ手順(揃った面の向こう側にもってMMUM’UUMUM’M’の繰り返し)で六面が完成する。  

Img_3883

二つの方法を比較すると前回の十字を作る方が手順さえ覚えてしまえば間違いが少ないようだ。

※その後も続けていたが、慣れてくると四隅から揃えていく方が早く出来る感じにもなってきた。

| | Comments (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »