« April 2017 | Main

May 2017

May 25, 2017

自家焙煎コーヒの味わい

最近コーヒにはまってついに自家焙煎がしたくなった。知人に自家焙煎を楽しんでいる人がいてどうしているのかを聞いて、器具を調達して挑戦した。

結果は結構上手く行った。これからはときどき自家焙煎でコーヒを淹れることにしよう。

焙煎器はこれ。

Img_2358a
手で持って焙煎する。色が変わってきたら自分の良いと思う所で終わる。

生豆はネットで調達。

Img_2357a
焙煎は高温でするので最近のコンロは使えない。最近のコンロは賢くて温度が上がると自動的に火が弱くなる。そこで焙煎にはカセットコンロを使う。

Img_2361a

コンロに火をつけて焙煎器であぶること約5分。結構いい焼き色がついてきた。あぶっていると豆が焼けて皮が飛び回る。火を止めて皿に置いて5分ほど冷ましておく。

Img_2362a
焼けた豆を皮と豆をえり分けて、これをミルで弾いてコーヒを淹れる。

美味しい!贅沢三昧とはこのことだ。

皮が飛んだり、選別が大変だったりと手がかかるがその分出来上がった時の美味しさは格別だ。

| | Comments (0)

May 22, 2017

赤玉ねぎの茎のパジョン

農業塾で赤玉ねぎの収穫をしてお土産に貰った。掘りあげた赤玉ねぎの茎は捨てるのだが、勿体ないので少し貰って帰った。

さて、どうしようと思案の結果、パジョンはどうかと思って作ってみた。なかなか美味しく出来た。

Dscn9458a
作り方

①洗っておいた赤玉ねぎの茎をまず3等分くらいの長さに切って、それを縦に細く筋切する。今回は少し太めだったが、もう少し細く切ったほうが良い。

②①を4cm程度の食べやすい長さに切る。

③適当な量の生地をボールに用意する。(レシピの本では小麦粉150g、だし汁1.25カップ、卵1個を混ぜ合わせるとなっていたのでこれに準じた)

④③のボールに②を入れて混ぜ合わせる

⑤フライパンに油を入れて温めて油をフライパンに馴染ませる。

⑥フライパンに④を入れて、全体に厚さが均等になるようにフライ返しで揃えて押さえておく。火は強めの中火で、生地がフライパンに引っ付かないようにフライ返しですくいフライパンを回しながら焼いて行く。

⑦大体焼けたかなと思った頃に生地を返す。フライパンで返すのがむつかしいと思ったらフライ返しで返せばよい。

⑧裏面も焼けたかなと思われたら、また生地を返す。ここで焼け方が少ないようならもうしばらく焼いておく。これを何回か繰り返す。大体5分くらいで完成。

⑨タレは適当に、味ポンにごま油を入れ、少量のウスターソースを入れて作った。

| | Comments (0)

May 21, 2017

レタスたっぷり担々麺

人生で大事なことは○○から学んだという番組で梅沢冨美男さんが出ていて、寿司屋で働いていた時のまかない飯から大事なことを学んだそうだ。何事も失敗をおそれずやってみることが大事だ。失敗しても、そこからいろいろ学ぶことが多いとのこと。それ以来料理は好きで今では芸能界随一の料理人と言われるまでになったそうだ。そのとき家庭で美味しくできる料理に坦々麺を紹介していた。ゴマペーストとピーナッツバターでスープにコクを持たせるという。

早速、ゴマペーストとピーナッツバターと中華麺を買ってきて作ってみたのがこれ。野菜はレタスが沢山あるのでそれを使い、他もあるもので適当にアレンジした。なるほど結構おいしく出来てスープも完食。

Dscn9452a

作り方

①ひき肉を油で炒め、料理酒と豆板醤で味をつけておく。

②鍋にお湯を沸かし、鶏がらスープの素、ゴマペースト、ピーナッツバター、ごま油、料理酒を入れ、最後に醤油を少し入れる。

③別の鍋でお湯を沸かし、ゆで中華麺を袋に書いてある時間あたたくなるように茹でる。

④麺を茹でた残りのお湯でレタスをしんなりさせておく。

⑤ラーメン鉢を用意し、②のスープを入れる、③の麺を入れ、レタスを乗せ、①の肉みそを乗せたら完成。

| | Comments (0)

May 10, 2017

今が旬のレタスチャーハン

レタスが今旬だ。我が家の庭にも大きなレタスが沢山出来ている。レタスを美味しく食べるひとつにレタスチャーハンがある。しゃきしゃきのレタスの食感が美味しい。

Img_2293a
材料(2人分) ご飯お茶碗一杯、卵3個、ひき肉80g、レタス 一束、玉ねぎ 適量、塩、コショウ、油、醤油

①材料を準備し、ご飯はレンジで温めておく。

②フライパンで玉ねぎを炒め、ひき肉を入れて炒める。

③塩コショウで味をつける。

④別に中華鍋を用意する。中華鍋は煽るために片手鍋のタイプが良い。

⑤卵を溶いておく。

⑥中華鍋を強火で温め、温かくなったら火を弱めて溶き卵を入れる。卵を入れたら適当に書き混ぜて少しトロトロになったらご飯を入れ、火を強火にし、お玉杓子の背中で中華鍋に押し付けて水分を飛ばし、中華鍋をあおる。これを暫く繰り返す。この後、火はずっと強火のままで一気に行く。

※中華鍋をあおるときは鍋を手前に引く要領で煽るとよいと教わった。

⑦適当なところで③で炒めた玉ねぎとひき肉を入れる。

この状態でもお玉杓子の背で押し付けては煽るを繰り返す。

⑧鍋の縁から醤油を香りづけに少し入れて煽る。

⑨レタスの芯の部分を先に入れて煽り、さいごにレタスの葉の方を入れたらサッと煽って完成。

| | Comments (0)

May 04, 2017

折り紙で作る鯉のぼりの色紙飾り

サークル活動で今の季節に合わせて折り紙で作る鯉のぼりの色紙飾りを作った。出来上がりがこれ。

Img_2254a

折り紙の鯉を除いて他のものはすべて先生が用意してくれて、生徒は折り紙で鯉をつくるだけ。

折り紙を用意する。

Img_2255a

半分に三角に折って折り目をつける。

Img_2256a

また中央に向かって折り目をつけ、これを同じように4回繰り返す。

Img_2257a

中央部分を合わせて山折にする。

Img_2258a

中央が胸鰭になるので押さえる。

Img_2259a

半分に全体を山折して胸鰭の部分を追って胴体より少し下にひれが出るように折る。

Img_2261a
頭の方を折りこむ。

Img_2262a
反対側を山折に折りこんで尻尾を作ったら鯉の飾りの完成。

Img_2263a

背中の中央部分にボンドをつけて両側を貼り合わせる。

色紙を用意して、そこにポールをボンドで貼り付け、口金部分と風車を貼り、吹き流しを貼り、鯉の飾りの頭の部分にボンドをつけて貼る。鯉の飾りと口金の間の線はボールペンで書いた。

ああでもない、こうでもないと言いながら先生の指導と他の人の様子を見ながら無事に完成。

| | Comments (0)

« April 2017 | Main