« March 2017 | Main | May 2017 »

April 2017

April 28, 2017

初夏の大村湾

青空の良い天気だった。大村湾の風景を眺めに行った。

遠く向こうの方は西海橋になる。

Img_2223a
海の水も澄んでいてとても気持ちの良い風景だった。

| | Comments (0)

April 23, 2017

春の花々

福岡へ行った。途中高速道路を佐賀大和で降りて川上峡に来ると今年も例年通り川に鯉のぼりが泳いでいた。春が来たと思うと、もうすぐ5月だ。

Img_2182a

Img_2184a

福岡市内に入ると民家の廻りで一面の蓮華畑があった。ほかにも街中にたくさんの蓮華畑を見かけた。

Img_2187a

これは南区の民家の庭先に咲いていた花。名前は知らないがけなげに咲いていた。

Img_2189a

街路樹ではハナミズキが満開になってきた。これは白い花のハナミズキ。

Img_2196a

これはピンクのハナミズキ。

Img_2202a

初夏を思わせる花たちが咲き始めてきた。

| | Comments (0)

April 20, 2017

蓮華の花

今はいろいろな花が満開の時期で蓮華草の花を探しに行った。最近は蓮華畑も少なくなってなかなか見当たらなくて、ようやく見つけた。

Img_2173a

全体は下記のようになっていて一面が花畑と言えるほどではない。

写真を撮っていると横の家の犬が吠えてきた、この蓮華畑はワンちゃんの縄張りだったようだ。

Img_2176a
途中で大きなこでまりの花を見つけた。こでまりと言うにはちょっと大きすぎる。

Img_2178a
これは我が家のこでまりの花。小さくて可愛い。この方が名前に似合っているな。

Img_2179a

| | Comments (0)

April 18, 2017

藤の花も咲いた

住宅街を走っていたら、塀から咲き誇っている藤の花を見かけた。

Dscn9425a
もう、ほぼ満開に近い状態だった。

| | Comments (0)

April 16, 2017

長崎街道を歩く(8) 終点長崎から蛍茶屋まで

知人の絵画展で長崎に出てきた。ついでに長崎街道の基点から少し歩いてみることにした。ここは長崎市の中心街浜の町アーケードの入り口の橋。鉄橋と書いてあって「くろがね橋」の案内板があった。何でも明治の初期に日本で初めてできた鉄の橋だそうだ。この橋は平成2年に架け替えられている。

Dscn9372a

続いて復元工事中の出島に来た。この一帯は昔は海だったが次第に埋め立てられていき、今の長崎市が出来上がっていった。

Dscn9376a

県庁前の案内板にある昔の長崎の風景。町は少しでほとんど海に囲まれているのがわかる。

Dscn9381a

長崎県庁。ここは新幹線の開通に合わせて長崎駅のところに移転する。

ここに江戸時代の西役所もあり、一応長崎街道の始点と考えられている。

Dscn9384aDscn9382a

長崎市立図書館。町の中だが落ち着いた雰囲気の図書館。

Dscn9390a

さらに長崎街道を歩いて行くと長崎市役所。ここも老朽化で長崎市公会堂の跡地に移転することで計画が進められている。

Dscn9396a

どんどん行くと諏訪神社がある。長崎市民の氏神様だ。

Dscn9402a

ここまでは今でも大通りになっているが、次は電車道の横の商店街の方が長崎街道になっている。新大工町のシーボルト通り。

Dscn9405a

どんどん歩いて行くと古橋という石橋があった。

Dscn9411a

長崎市内は石橋の街だが、こんなところも石橋になっている。

Dscn9412a

中川八幡神社。このあたりが旧市街の入り口になり、この辺に長崎街道ここに始まるの石碑があるそうだが見落としてしまった。

Dscn9413a

Dscn9415a

どんどんそのまま石畳の道を歩いて行くと道が行き止まりになっていた。

Dscn9418a

なんだこれはと思いながら歩いて行くと食い違いの案内板があった。道はここで昔から直角に右に曲がっていたそうだ。

Dscn9419a

これがその直角に曲がった道。

Dscn9420a

この階段を下りると蛍茶屋の電停に出た。今日の散策はここまでにして電車に乗って長崎駅に向かった。

Dscn9421a

| | Comments (0)

April 15, 2017

裏見の滝の石楠花 大村 野岳湖

大村の野岳湖近くの裏見の滝の石楠花は毎年見に行っている。今年も石楠花祭りの幟が経っていてそろそろ見に行かねばと思っていたら昨日見に行ったという人がいて今が一番の見頃だったという。それならばと急いで見に行ったら、まさに今が見ごろだった。

Dscn9358a

Dscn9355a

Dscn9333a

Dscn9346a

花に触るとふわふわと天使の羽のようだ。

Dscn9354a

Dscn9366a

毎年見ている中で今年は一番のタイミングだった。

裏見の滝は滝のところに行くと滝の裏側から滝を見上げることが出来るので裏見の滝と言われるのだが、今は落石で危険なので行けなくなっていた。

| | Comments (0)

April 12, 2017

古川の桜と白木峰高原

桜が満開になってから初めて青空が出た。大草の古川(ふるこ)の桜のトンネルを見に行った。昨日までの雨で花がかなり散っていて歩道が花の絨毯が敷き詰められたようになっていた。

Img_2118a

Img_2119a

それでもまだ花はきれいだった。

Img_2121a
古川の桜を堪能して、ニュースで白木峰高原が菜の花と桜の花で綺麗だと言っていたのを思い出して白木峰高原に行ってみた。こちらは少し高原なので桜がちょうど満開だった。

Img_2129a
菜の花も今が満開で桜と菜の花の競演だった。

Img_2130a

こちらは平日にもかかわらず保育園児や家族連れなど大勢の人が花見に訪れていた。

晴れてはいたが、空がかすんでいて対岸の雲仙のお山は見えなかった。

Img_2136a

Img_2143a

ようやく今年の桜を堪能できた一日だった。

| | Comments (0)

April 08, 2017

桜ついに満開

桜の花がついに満開になった。今年は寒さが遅くまで続いたので桜の開花が例年より遅くようやく満開になった。しかし花が満開に近づくにつれて天気が下り坂になり、曇りと雨の日ばかりとなった。

雨の合間に桜を見に行った。文化会館の桜も今が満開の頂点でこれから散り始めそうになっていた。

Img_2080a

Img_2083a

Img_2087a

ついでに唐比の桜のトンネルはどうかと見に行った。こちらもまさに今が満開だった。

Img_2094a
これからしばらく晴れ間は望めないという予報なので今年は桜は晴天には恵まれないで終わりそうだ。

道路わきでははやくもつつじの花が咲きはじめ、牡丹や蓮華も花が咲いてきている。春がようやく本番になったと思ったら、早くも初夏の兆しがでてきた。

| | Comments (0)

耳の体操

ストレッチの教室でいつも耳のマッサージを最後にしている。耳にはツボがあってこれをやると体調がよくなるのだそうだ。

そのやり方は

  1. 耳たぶを軽くつまみ、上・横・下に軽く5秒づつ程度引っ張る。
  2. 耳たぶを上下に指で折りたたむ。これも5秒間くらいキープ。
  3. 耳たぶを上から下に軽く揉んでいく。
  4. 手のひらを耳たぶの後ろにあてて包むように折り曲げ耳をふさぎ、5秒間程キープ。
  5. 耳たぶを人差し指と中指ではさんで指を上下にマッサージする。

昨日のテレビその原因Xにありを見ていたら、耳の体操は気圧の変化で体調が悪くなる気象病の予防に効果があるそうだ。

テレビの方法はこれとは少し違っていたが、テレビの方法を説明しているブログを見つけたので参考にのせておく。

http://ainailona.org/kurukuru-earmassage/

| | Comments (0)

April 02, 2017

春の草花

庭にツクシが顔を出していた。桜の花がまだ咲いていないが、春だ。

Img_2025a
庭の椿も大きな花を沢山つけている。

Img_2028a

ドライブをしていると、あちこちの家の庭に椿の花が満開で咲いている。

これは知り合いの民家の木瓜の花。大きな花が立派だったので写真を撮らしてもらった。

Img_2024a
木瓜の花もあちこちの家の庭で満開の花を咲かせている。

今、染井吉野の桜の花は三分咲き程度に咲き始めてきた。もう一週間もすると満開の花が見られるだろう。

| | Comments (0)

April 01, 2017

ウンパニ体操

世界一受けたい授業を見ていたら、第一印象を良くするには笑顔が大事で、良い笑顔を作るためにウンパニ体操をするといいそうだ。

ウンパニ体操とは、

「ウ」 口を大きくとがらせ、眼も大きく見開きながら ウーと言う。

「ン」 眼をギューッと閉じて、顔を中央に寄せてンーと言う。

「パ」 驚いた顔で顔の緊張を一気に開放してパッと言う。

「ニ」 頬を持ち上げるように口を横に開いてニーと言う。

こうすることで顔の筋肉がほぐれるそうだ。

これはなかなか良さそうなので「あえいうえおあお」と合わせて「ウンパニ」とやって顔の筋肉をほぐしていこうと思う。

参考にしたのはこれ。

http://beblog.info/unpani/2/

| | Comments (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »