« 海老の燻製 | Main | 彼岸花 »

September 17, 2016

秋の訪れ 夫婦木の里

空に見える雲も秋の気配になってきた。

Img_0506a
さわやかな気分になって、白木峰高原に行ってみた。コスモス畑も、もうすぐ花が咲きそうになっていた。向こうに見えるのは雲仙のお山。

Img_0511a
下に降りて彼岸花を探しに、初めての道に入っていったら、途中刑務所があり、そこを過ぎてずっと行くと山あいの集落があった。夫婦木とバス停に書いてあった。

そこを少し行ったところに小さな立札を見かけた。平家と大杉の里と書いてある。

この付近は平家の落人の里のようだ。諫早にはよく平家の面影がある。

Img_0514a

この立て札に午という文字も書いてある。

このときは意味が分からなかったのだが、あとでNETでみたら、諫早には十二支公園というのがあって、ここは午の公園があるところだそうだ。

この十二支公園は昔の諫早の周辺部分にあるそうだ。

ここの田んぼの畔に彼岸花を見かけた。

Img_0518a

夫婦木の土地の名前の由来の大杉。木の名前は女夫木で国の天然記念物に指定されている。

Img_0522a
昔は二本有ったのだろうが、今は一本だけが残っていてそれもおそらく雷に打たれたのだろうかなり痛んでいた。木の横に電柱かと思ったら、これは避雷針。大杉の保護用にわざわざ建てられている。

Img_0523a

|

« 海老の燻製 | Main | 彼岸花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 海老の燻製 | Main | 彼岸花 »