« 唐比ハス園 蓮の花 | Main | 百日紅咲く! 夏の始まり »

June 24, 2016

ヤンソンの誘惑

暮らしの手帖のすてきなあなたにを読んでいたら「ヤンソンの誘惑」という料理がのっていた。

じゃがいもとアンチョビを牛乳と生クリームでグラタン皿で作るのだそうだ。

北欧スェーデンの料理で名前の由来は肉も魚も食べないヤンソンという人がその美味しさの誘惑に負けて食べたためにこの名前になったのだそうだ。

ジャガイモは庭でできたものや農業塾で貰ったものがいっぱいあるのでどうしたものかと思っていた。

このレシピならアンチョビはないがオイルサーディンで出来るのではないかと適当なレシピを探したらちゃんとオイルサーディンのレシピがあった。

それをアレンジして作ったのがこれ。

Img_0048a

まあ、ジャガイモとオイルサーディンなので美味しいのは間違いない。

これを肴に、ちょうど今日手に入れていた能古見の純米吟醸酒を美味しくいただいた。

作り方

材料 オイルサーディン 1缶90g、ジャガイモ1個、玉ねぎ1個、とろけるチーズ 適量、パン粉、牛乳、あればハーブを適量(今回はフェンネルのバター漬けを使った)

1:じゃがいもを適当に千切りにしてレンジ600Wで5分間

2:玉ねぎは薄切りにして油で軽く炒める

3:耐熱皿にバターや油を塗って(私はクッキングシートを敷いた)、上にジャガイモの3分の1を乗せる。

4:その上に玉ねぎの半分を乗せる。

5:オイルサーディンの半分を乗せる。

6:ジャガイモの残りの半分を乗せる。

7:玉ねぎの残りを乗せる。

8:オイルサーディンの残りを乗せる。

9:最後のジャガイモを乗せる。

10:ハーブを散らす。(フェンネルのバター漬けがあったので使ってみたが結果は効果なし)

11:とろけるチーズをかける

12:牛乳をかける

13:パン粉を散らしてかける。

14:オーブントースターに入れて10分間焼く。

これで完成。

作業はジャガイモを皮をむいて切る、玉ねぎを皮をむいて切って炒めるこれだけ。

簡単でかつおいしくできた。

ヤンソンさんの気分になって美味しくいただいた。

|

« 唐比ハス園 蓮の花 | Main | 百日紅咲く! 夏の始まり »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 唐比ハス園 蓮の花 | Main | 百日紅咲く! 夏の始まり »