« 枝垂れ梅 | Main | 中華鍋でチャーシュー »

February 24, 2016

九州新幹線西九州ルートのその後

九州新幹線西九州ルートの工事は着々と進んでいるが、FGT(フリーゲージトレイン)の開発は中断しているままだ。

政府は目標の22年開業を先延ばしする方針に変更したが、ここへきて22年開業をキープするために武雄で乗り継ぎをするリレー方式の開業が本格化しそうとのこと。

この案で当面開業し鳥栖から武雄までの狭軌の区間を将来的に広軌でも走れるように改造するようにするのが長崎としては一番良い方法だと思う。

FGTで開業しても九州内だけで大阪、東京に行くには博多乗り換えが必須で新幹線の効果が薄いが、広軌となると大阪、東京まで乗り換えなしで行けるメリットがでる。現在の動きはこの方向で進んでいると思うが、問題は佐賀県をどう説得できるかにかかっている。

|

« 枝垂れ梅 | Main | 中華鍋でチャーシュー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 枝垂れ梅 | Main | 中華鍋でチャーシュー »