« 九州新幹線西九州ルートのその後 | Main |  梅の花が満開 »

February 26, 2016

中華鍋でチャーシュー

燻製の本を買ったら中華鍋でチャーシューを作るレシピが載っていた。熱燻は中華鍋を燻製器の代わりにできるそうだ。

中華鍋にアルミ箔を敷き、その上にチップを載せて網をその上に載せて加熱する。

最近のガスレンジは異常過熱防止のセンサーがついていてちょっと鍋が熱くなると火が弱くなるので燻製用には使えない。そこでカセットコンロを使った。

Dscn8290a
チップはヒッコリーとあったが手持ちの桜のチップを使用した。

加熱時間10分あたり6g程度だそうだ。このレシピでは40分加熱するので24gを入れた。

肉は豚ロース肉とあったが、これも手持ちの豚もも肉300gを使用した。

塩少々、三温糖少々(これも手持ちの白砂糖少々)を豚肉に刷り込みタコ糸で肉を縛る。

さらにポリ袋に入れてニンニクをおろしたものを入れてもみ込んで冷蔵庫に3時間以上いれて寝かす。

チップに煙が出てから肉を載せて燻製する。

Dscn8292a
中華鍋に蓋をしないといけないが肉の高さがあるので普通の鍋のふたでは適当なものがない。ちょうど土鍋の蓋が高さがあったのでこれを採用。

Dscn8295a

弱めの中火で加熱すること40分。出来上がったのがこれ。

Dscn8299a
しっかり中まで火が通っていた。

Dscn8306a

これを冷蔵庫で一晩寝かせて食べる。

味は薄めだが美味しいチャーシューができた。

|

« 九州新幹線西九州ルートのその後 | Main |  梅の花が満開 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 九州新幹線西九州ルートのその後 | Main |  梅の花が満開 »