« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015

November 28, 2015

ビーフストロガノフ

会社の仲間が定年後に家庭料理で週末にビーフストロガノフを作ったと言っていた。どんなものか一度試してみようと思っていたら、新聞の名店まかない飯にビーフストロガノフが載っていたので早速作ってみた。

出来上がりがこれ。

020a
ロシアのストロガノフ家の料理なのでウォッカでいただくところだが特別純米酒「酔鯨」と一緒にいただいた。

025a

美味しかった!

材料(5人前) 

牛肉200g(レシピでは500g)、玉ねぎ1個、マッシュルーム100g(レシピでは200g)、バター30g、強力粉大匙3杯、ブイヨン300cc、生クリーム200g、サワークリーム100g(レシピでは200g)、粒マスタード大匙1杯、ローリエ1枚、塩コショウ少々

作り方

①牛肉はこま切れ肉故そのまま、玉ねぎをミジン切り、マッシュルームを半分に切る。

②鍋にバター20gを熱し、玉ねぎを弱火で炒める。色が変わったら、強力粉を加えて炒めブイヨンを入れる。生クリーム、サワークリーム、粒マスタード、ローリエを入れて弱火で5分間煮る。

③バター10gをフライパンに熱しマッシュルームを炒め、牛肉を入れて炒める。

④③を②の鍋に入れて2分ほど煮て、塩コショウで味を調えたら出来上がり。

| | Comments (0)

November 10, 2015

牛筋カレー

牛筋肉を売っていた。珍しいので、カレーにしようと思って買った。

牛筋は初めに湯どうしして、圧力鍋で45分煮て柔らかくしておいた。

煮汁もとっておいて水を足して、あとは普通にカレーにした。

最後は隠し味のインスタントコーヒを小さじ一杯入れてできあがり。

001a

牛筋肉のカレーはなかなか美味。甘口の純米酒と一緒に食べると最高である。

004a

また、牛筋カレーはコラーゲンがあって美容にも良い。

| | Comments (0)

November 09, 2015

家庭菜園

庭を開拓して家庭菜園にしているが、今年は小松菜の種を蒔いてみたらしっかり育ってくれた。間を間引いたらその後で残ったところがぐんぐん大きくなってまるで打ち出の小槌のようだ。

001a
となりにほうれん草の種も蒔いたのだが、こちらは2,3本芽がでただけでほぼ全滅。ほうれん草は気難しい。折角なので玉ねぎの苗を植えて置いた。うまく育ってくれればいいが。

002a

こちらは里芋。ここの畑は前からあるものだが、柿の木が大きくなって日あたりが悪くあまり作物の成長には適していない。たまたま里芋の種イモがあったの植えておいたのだが、里芋には適地だったようだ。

003a
大きかった葉も枯れてきているのでそろそろ収穫してしまわないといけない。

前に3個収穫していて、一つの親芋から沢山の子芋が採れるので自宅で食べるには多すぎるくらいの収穫である。

| | Comments (0)

温泉湯豆腐

佐賀の嬉野温泉は美肌の湯でとろとろの温泉湯豆腐も名物だ。その嬉野のお豆腐を頂いた。

これがそのお豆腐。

006a
温泉湯豆腐にするには温泉水が必要だ。そこでガッテンで温泉湯豆腐の作り方を紹介していたのを思い出した。

美肌の湯はアルカリ性の温泉で重曹を入れるとよいのだ。

水1000ccに重曹小さじ一杯(3.3g)を入れてお湯にして温まったら大きめにカットしたお豆腐を入れて食べる。ほかにしゃぶしゃぶでいれるような野菜を入れるとヘルシーである。

タレは何でもよいが、今回は味ポンにおろし生姜を入れて食べた。美味!

ガッテンのURLは下記。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/recipes/R20080220_02.html

残った汁にご飯を入れて雑炊にして食べた。これまた美味!

| | Comments (0)

November 08, 2015

パッションフルーツ

最近は珍しい名前の果物をよく店頭で見かける。パッションフルーツもその一つだ。

先日産直市場に寄った時、入り口に提灯のようにびっしりと実がなっているのを見かけた。

008a
これがパッションフルーツだそうだ。店先一面の棚にたくさんの実がなっていた。実がなっているところを見たのは初めてだったのでこんなに一面に実がなっている姿にビックリ。これからどんどん熟していって食べられるようになる。

002a
苗も売っていたので買おうかどうか迷ったが、こんなに大きくなると庭がなくなってしまうので止めにした。

パッションフルーツというので情熱の果物かと思っていたら、これはトケイソウの仲間でトケイソウがパッションフラワーで受難の花の意味だそうで、受難の方の意味をもったパッションなのだそうだ。沢山の実がなって子だくさんで情熱だったらピッタリだと思ったがそうではなかった。

| | Comments (0)

November 05, 2015

豚丼

豚丼はこれほど簡単な料理はないといっていいほどの料理で、卵かけごはんの次に簡単に美味しく食べられる料理と言っていいだろう。

先日、ベーコンにトライしたが見事失敗!そのときのソミュール液が余ったが、捨てるのはもったいない。

どうしようかと思っていたらテレビで北海道名物料理「豚丼」をやっていた。調べてみたらそのタレにソミュール液が使えそうだったので試してみたら結構うまくできた。本場のものとは違うと思うが、時間がない忙しい人の料理メニューには加えたい一品。

あまり簡単すぎて写真はないが、作り方は下記。

(1)肉を漬けるに必要かつ十分な分量のタレを作る

(2)タレに豚肉を5-10分程度漬け込んでおく。豚肉なら何でもOK。ただし薄切りに限る。焼き肉用や生姜焼き用として売っている肉であればベスト。

(3)フライパンを熱して油をひいて、(2)の肉だけ入れて炒める。

(4)肉に火が通ったら、(2)の残りのタレを入れて合わせる。

(5)ご飯をどんぶりに盛る。

(6)どんぶりのご飯に(4)をかけたら出来上がり。

(7)余裕があれば上に刻みネギなど青野菜をトッピングすると彩良くできる。

※参考にしたレシピではタレは醤油 2、酒 2、みりん 1、砂糖 1の割合で作ったものだったが,これは好みで適当にしてよさそうだ。

タレを作るのが少し時間がかかるが、忙しい人は余裕があるときにタレを作り置きしておいて使うときに必要な分だけ取り出して使えば楽にできる。

| | Comments (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »