« 秋の風景 秋の花 | Main | 秋桜が満開 »

October 18, 2015

長崎街道を歩く(6) 鈴田-大村宿

前回、永昌宿から大村への道を鈴田まで行ったので、天気もいいので続きを歩きに行った。

ところが、今回は大事な長崎街道の地図を持ってくるのを忘れた。仕方がないのでGOOGLEMAPを頼りに歩いて行った。

ここは二本松のバス停から降りてすぐの鈴田の交差点だ。今日はここが出発点。

002a

道が分かれるところには大村市の長崎街道の標識が建ててあって比較的順調に進んでいく。家の庭先に一里塚跡の碑があった。

007a

分かれ道がある。工事中で右に行けとの指示板があってまっすぐ進めないで困ったと思ったら、長崎街道はここは右へ曲がるのだそうだ。

011a

また分かれ道に来ると、長崎街道はこちらと手作りの案内板がある。ご丁寧に3個もあった。

015a

公園の塀にも案内が貼ってある。

022a

坂道になってきた。この道を上っていくのが長崎街道。

025a

降りて下ると新幹線工事用の取付道路と交差した。右手に見えるのは長崎自動車道、その奥では長崎新幹線のトンネル工事が行われていて工事用のダンプカーが頻繁に通っている。

028a

また坂道を登れの標識。

034a

この坂を上っていく。

035a

この先は右側の小道が長崎街道になるらしい。

037a

手作りの案内板が見える。

038a

ずっと行くと見晴らしの良いところに出た。谷の向こうに長崎医療センターの建物が見える。

040a

谷を下り、坂を上る。この谷のところは長崎街道の道が確かには残っていなかった。

ようやく手作りの案内板が右手に見えた。ここを上ると大きな道に出る。

041a

医療センターのところの交差点にでた。いつも見ていた長崎街道の案内標識がある。

医療センターは確かに長崎街道に沿って建っていた。

053a

野田神社。

056a

野田神社の前には新しい大きな道があるが、長崎街道はその横の道にそれていく。

昔ながらの道の風景が残っているが、ここは両側ともずっとお墓になっていた。

061a

長崎街道の案内坂がみえてきた。

063a

064a

さらに続けて歩いて行く。相変わらずお墓が多い。

067a

まわりは町になっているのだが、街道沿いはお墓になっているので宅地にならずに昔の風景が残ったようだ。

069a

円融寺庭園が見えるところに出てきた。前の道は医療センターから大村駅に向かっている道である。車の通りも多い。

071a

円融寺は庭園跡だけが残っていて護国神社に替わっているのだそうだ。

074a

庭園跡には高い階段を登っていかないといけないので今日は登らずまたここだけを目的に来て見よう。

075a

大村駅へ向かう道が長崎街道だった。あとはアーケード街になっていてそこが大村宿だそうだ。

今日は十八銀行支店のところで終わりにして、遅い昼食を食べに食堂へ入った。

078a

|

« 秋の風景 秋の花 | Main | 秋桜が満開 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋の風景 秋の花 | Main | 秋桜が満開 »