« 諫早平野秋景色 | Main | 秋の風景 秋の花 »

October 12, 2015

長崎街道を歩く(5)下破籠井ー鈴田

下破籠井から長崎街道を大村方面へと歩いて行く。

037

少し行くとバスの終点破籠井のバス停がある。このバス停の先から長崎街道は山の中に入っていく。

038

大きな道は長崎街道でなく下の写真の左に見える小道が長崎街道である。

040

入り口には案内の標識がある。

041

畑のあぜ道のようなところを通っていく。

047

少し鬱蒼とした林の中に入っていく。

049

長崎街道の案内板があった。

050

山の中の道をどんどん歩いて行く。

055

大渡野番所跡の標識があった。このあたりに番所があったらしいが今は何もない林の中だ。

067

さらに山の中の道をどんどん歩いて行く。昔の国道なのだが、なんとも寂しい。こんなところで追いはぎに会ったらひとたまりもない。

071

また案内板がみえてきた。ここは諫早と大村の藩境である。

073

ここは日野峠と言ったそうだ。

075

硯石(別名弁慶の足跡)という石だそうだ。

077

別に大村側にも案内板がある。大村側の案内板では鈴田峠と書いてある。

081

いよいよ大村側の長崎街道に入る。なぜか大村側になったら道幅が広くなった。

087

峠を越えて道は下り道になってきた。

093

どんどん下っていくが大村側は諫早側ほど山の中という感じはない。

094

分かれ道があるが大きな道は今の道で小さい方が長崎街道の道である。

この先も同様に小さい道が長崎街道でなんども間違えそうになった。

102

左の小さいのは渡辺伝弥九という人のお墓らしいが特別な説明もなく、墓石も何が書いてあるか読めない状態になっていた。このひとは大村藩士でキリシタンだったそうだ。

113

またまた大きな道と交差しているが、この大きな道は新しい道で長崎街道ではない。

115

長崎街道は下の写真に見える標識のところから小道が下っている。向こうには大村の町がみえてきた。

127

これが長崎街道である。ここを下っていく。

128

下に行ったら大きな神社があった。大神宮という。この先は住宅街になっていて昔の道は残っていないそうだ。昔の道をたどった長崎街道は一旦ここまでとなる。

147

長崎街道の案内板がる。

148

次の長崎街道へ行くために案内の標識が建っている。向こうに見えるのは高速道路である。ミラーのところに今いるところからここを右に曲がっていくのが長崎街道の標識がみえる。

151

右に曲がって、JRの大村線のガード下をくぐっていくと国道34号線に出る。

154

国道34号線の鈴田の交差点に出た。今日の長崎街道の旅はここまで。また次はここから続けることにしよう。幸い国道34号線なのでバスが通っているので続きを歩くためにここに来るのは比較的楽だ。

155

ところで今日の道を歩くのは結構山の上の方の林の中を延々と歩いてくるので大変な道なのだが、今の国道34号線の方を通れば現在の鈴田峠のところが少し山道になる程度であとは田んぼの中を通っている平坦な道である。

どうして昔の人は厳しい山の中の道を街道としていたのかまったく疑問だった。

|

« 諫早平野秋景色 | Main | 秋の風景 秋の花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 諫早平野秋景色 | Main | 秋の風景 秋の花 »