« 佐世保藤山神社 藤の花 | Main | 豆ごはん―土鍋炊き »

May 03, 2014

五月連休-山鹿-阿蘇-日田

五月ゴールデンウィークがやってきた。今回は山鹿の温泉に入り熊本に泊まって阿蘇を経由して日田に行き、日田に泊まって福岡から長崎に帰るルートを回ることにした。

諫早平野では麦の穂が大きくなっていてもうすぐ収穫の時を迎えている。

Dscn3974a_2

一日目は熊本の山鹿温泉に入り、熊本市内に宿をとって熊本に泊まる。翌朝熊本からお気に入りの阿蘇の高原に向かう。前回は山焼きで黒かった草原もすっかり緑に染まっていた。途中にわくど石なる岩があった。

Dscn4024a

大きなカエルの形をした石である。「わくど」とは阿蘇、熊本など九州の一部で大きなカエルを呼ぶ名前である。

阿蘇から日田に向かうには大観峰を経由していく。大観峰ではあいにく雲がかかっていて阿蘇五岳はきれいに見えなかったが、大観峰から見おろした阿蘇平野では田んぼの準備が始まっているのが白く見えている。いつみても雄大な風景である。

Dscn4029a

大観峰から菊地へ向かう途中から北に分かれて小国町のほうに下って日田へと向かう。

日田ではホテルで温泉と、ごちそう三昧でゆっくりする。

Dscn4038a

翌朝、朝食の後で福岡へと向かう。

今年は例年になく蓮華の花を見かけることがなかったが、福岡へ向かう途中でようやく蓮華畑を見かけた。最近は田んぼに蓮華を植えるところが少なくなってきたようだ。

Dscn4062a

近くには有名な朝倉の三連水車があり、水をくみ上げる準備が整っていた。この水車が豪快に回るときももう間近。

Dscn4067a

続いて、筑前町の上高場の大藤を見に行った。

満開の藤の花が咲いていたが、やや峠を過ぎていたようだ。

Dscn4068a

福岡から三瀬峠を越えて長崎へ向かう。

三瀬峠をこえてちょっと行くと「マッチャン」という大きな産直市場がある。

ここで初物のすいかを購入。初物なのにすこぶる大きい。家に帰って計ってみたら8.5kgもあった。

マッチャンの前のつつじの花は今が満開だった。

Dscn4076a

今の時期、いろいろな花が咲いていて、山や平野では新録が鮮やかで清々し気分を満喫した楽しいドライブであった。

|

« 佐世保藤山神社 藤の花 | Main | 豆ごはん―土鍋炊き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 佐世保藤山神社 藤の花 | Main | 豆ごはん―土鍋炊き »