« 春が来た | Main | 春の風景 »

March 15, 2014

木蓮 

木蓮の花が咲いた。先々週には蕾が顔をのぞかしていたのだが、そのあとで突然の寒波に襲われて引っ込んでしまった。ようやく暖かくなってきたので花が咲いてきたのだが、なんと先端部分は茶色く枯れていて、例年のような純白の木蓮ではなくなっている。

Dscn3258a

こちらはこぶしの花。こちらも同様に先端がすでに茶色くなってきている。

Dscn3253a

今年は例年にない異常気象で花たちも困っているようだ。

異常といえば「STAP細胞」問題。世紀の大発見のはずがまさかのねつ造論文らしい。日本を代表する研究機関である理化学研究所の若手のホープと目された女性の大発見のはずが、データの写真がでたらめで論文は撤回する方向とのこと。日本を代表するはずの研究機関の大失態のようだ。共著者のハーバードの先生はSTAP細胞は本物であるとの主張で論文取り下げには不同意とのこと。希望的には本物であってほしいが、厳しそうである。

|

« 春が来た | Main | 春の風景 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春が来た | Main | 春の風景 »