« February 2014 | Main | April 2014 »

March 2014

March 29, 2014

桜満開 雨

桜が満開になり、昨日、一昨日と良い天気が続いていて週末の花見を楽しみにしていたが、天気予報は雨。それでもなんとか予報が外れてくれないものかと期待したが、最近の気象予報は正確である。昨日までの良い天気は何処へ行ったのか。朝から雨が降ってきた。

朝のうちはまだ小雨だったので病院に行った帰り、大村湾に沿った国道207号線の桜の名所の古川(ふるこ)の桜を見に行った。

小雨の降る中、結構な人が桜見物に来ていた。その桜がこれ。

Dscn3591a

Dscn3574a

桜の花にはたくさんのメジロが来て花の蜜を吸っていた。回りの林からは鶯の泣き声も聞こえてきて春の気分を満喫。

Dscn3576a

今年の桜は例年になく花が豪華で美しいものであったが、残念なことにこの雨でかなり散ってしまった。長崎の桜は今年はもう終わりであろう。

花は桜木、人は武士と言われるが、この満開の花を見ているとやはり桜の花が一番だなと思う。

| | Comments (0)

March 23, 2014

阿蘇へ

21日が春分の日で三連休になっていたので、この休みを利用して阿蘇へ行った。

こちらを出発するときはぽかぽかの春らしい陽気であった。るんるんで高速道にのり鳥栖をすぎ九重のインターまできて山を見ると雪で白くなっているのが見えた。九重のインターを降りて九酔渓を通って飯田高原へと向かう。飯田高原に来たらあたりが雪景色。

雪景色ではあるが、さわやかな寒さでそれほど寒くはなかったので飯田高原の名物のソフトクリームを食べて休憩。

Dscn3395a

Dscn3400a

飯田高原からヤマナミハイウエイで阿蘇へと向かうが、道路わきにはまだ雪が残っている。

Dscn3418a

Dscn3396a_2

阿蘇へ来たら九重ほどの雪景色ではなくなった。向こうに見えるのは阿蘇の外輪山。Dscn3427a_2

ホテルに着いて温泉に入りご馳走を堪能する。天気も良くて気分は上々。

翌日は朝から温泉に入り、バイキング料理を食べてチェックアウト。

帰りは外輪山の上を走る阿蘇スカイライン経由で帰る。

外輪山の草原は春の野焼きがされて一面が黒くなっている。

阿蘇へは何度も来ているがこの風景を見るのは初めてであった。

Dscn3478a_3

大観峰から阿蘇五岳を眺望するがPM2.5のせいだろうか、かすんで涅槃像の姿をした阿蘇五岳はよく見えない。

Dscn3480a_4

これはホテルを出るときに見かけた花。鈴のような白い花が珍しい。

Dscn3465a_2

スカイラインを下ってくると菊池渓谷へ抜ける。ここでは桜の花も咲いている。

Dscn3493a_2

さらに下って菊池平野に来ると菜の花の黄色と草の緑が鮮やかな春の景色になる。

Dscn3494a

道なりにどんどん走っていくと九州自動車道の菊水インターに至る。

ここから高速にのって長崎へ向かう。

最近阿蘇へ行くときはなかなか良い天気に恵まれなかったが今回は珍しく良い天気でいい気分で旅行ができてリフレッシュすることができた。

 

| | Comments (0)

March 21, 2014

早春の諫早平野

春分の日の今日は昨日までとは変わって少し肌寒さを感じるくらいであったが、さわやかな天気であった。これは諫早平野の風景。牧草の緑がすがすがしく、向こうに雲仙の山がかすんで見える。気持ちのいい春めいた風景である。

Dscn3346a

諫早平野を過ぎて森山の公園へ行くと合併記念に植えられた桜の花が満開でピンクになっていた。年月が経って木が成長すれば、さらに立派な桜の公園になることだろう。

Dscn3349a_2

唐比の桜並木の染井吉野もかなり花が開いていた。来週末あたり満開になるかもしれない。

Dscn3359a_2

春の一週間は目が離せない。満開の桜が楽しみである。

| | Comments (0)

March 16, 2014

春の風景

今日は春らしい日であった。暖かくうららかな陽気に誘われてドライブしていたら一面に菜の花。春だ。

Dscn3329a

ところがこれは花粉症の人には恐怖の写真。杉の木の花粉である。今がピークとのことだがまさに満開。

Dscn3334a

杉の花の満開はうれしくないがそれは人様の勝手。杉の花には罪はない。

| | Comments (0)

March 15, 2014

木蓮 

木蓮の花が咲いた。先々週には蕾が顔をのぞかしていたのだが、そのあとで突然の寒波に襲われて引っ込んでしまった。ようやく暖かくなってきたので花が咲いてきたのだが、なんと先端部分は茶色く枯れていて、例年のような純白の木蓮ではなくなっている。

Dscn3258a

こちらはこぶしの花。こちらも同様に先端がすでに茶色くなってきている。

Dscn3253a

今年は例年にない異常気象で花たちも困っているようだ。

異常といえば「STAP細胞」問題。世紀の大発見のはずがまさかのねつ造論文らしい。日本を代表する研究機関である理化学研究所の若手のホープと目された女性の大発見のはずが、データの写真がでたらめで論文は撤回する方向とのこと。日本を代表するはずの研究機関の大失態のようだ。共著者のハーバードの先生はSTAP細胞は本物であるとの主張で論文取り下げには不同意とのこと。希望的には本物であってほしいが、厳しそうである。

| | Comments (0)

March 09, 2014

春が来た

福岡へ行った。長崎の我が家では水仙の花はもう終わったのだが、福岡の民家では今ちょうど満開を少し過ぎたところだった。これがその水仙の花。福岡のほうが長崎に比べると2週間ほど花が遅いようだ。それだけ福岡は寒いということだ。

Dscn3247a

例年のように木瓜の花ももう咲いている。

Dscn3242a

足元には土筆ん坊が頭を出している。

Dscn3249a

今は啓蟄である。さすがにもう春なのだ。

これは諫早公園の緋寒桜。もう満開である。昔は春のカスミは春霞と言って春の風物詩であったが、今ではこれはPM2.5.優雅な雰囲気は全くない。

Dscn3232a

| | Comments (0)

March 03, 2014

春の花

我が家のシャコバサボテンが満開になった。これはデンマークカクタスという種類だそうだ。

Dscn3217a

四方に花が咲いて大ぶりでちょっと西洋風に感じる。

隣はスミレ、こちらも花が満開。ちょっと何かの顔のように見える愛嬌のある花だ。葉牡丹もまだまだ元気。

Dscn3219a

春になってきた。

| | Comments (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »