« 銀杏 | Main | 日田へ »

November 24, 2012

ゆず胡椒

いつものドライブコースの森山町に「もぎたて市」という産直市場がある。ここに寄って新鮮な野菜を調達するのも楽しみである。

昨日はゆずが沢山出ていた。青胡椒もあったのでこれも調達した。

家に帰ると妻がゆず酒をつくったらどうだというので早速果実酒用の焼酎を調達して買ってきたゆずの半分を使ってゆず酒をつけた。3か月もすると美味しいゆず酒にありつけることだろう。

残りの半分のゆずを使ってゆず胡椒をつくることにした。

材料:ゆず(実が入った状態の重さ) 350g、青胡椒150g、塩15g

※塩は今回は50gを使ったが、もう少し薄塩の方がよいと思うので15gとした

①ゆずはよく洗って皮の部分をおろし金で擦りおろす。

②青胡椒もよく洗ってへたの部分をとり小口切りにしてすり鉢でする。大体どろどろになる程度までする。(ここですっているときに胡椒のしぶきが目に入ってしみるのなんの!なかなか大変な作業である)

③塩をいれて混ぜる

④①のゆずを入れてこれは合わせる程度に混ぜ合わせる。

⑤適当な瓶に入れて冷蔵庫に保存する。

しばらく寝かせた方が味が落ち付いておいしくなるとのこと。

ゆずぽん酢

ゆず胡椒のときに皮を擦り下ろしたゆずの実を手で絞って、しぼり汁と酢を一対一に合わせる。ポン酢のようにしてオリーブオイルと混ぜてサラダのドレッシングに使えばこれまた絶品!!

ゆずはなかなか使いでのあるお利口さんだと思うのだが、グルメの知人が「桃栗3年、柿8年」のつぎに、「ゆずの大馬鹿18年」という言葉があると教えてくれた。実生のゆずから実がなるまでは18年近くかかることからこう言われるようだが、大馬鹿はあんまりではないかとゆずに同情してしまう。

ところで「ゆず胡椒}と書いたが、使うのは青唐辛子である。ここ九州(?熊本)では胡椒と言えば唐辛子のことを言う。胡椒には別のものがあるのだということは子供のころは全く知らなかったものだ。日本も狭いようで広いのだと言葉の意味の違いから実感する。

|

« 銀杏 | Main | 日田へ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 銀杏 | Main | 日田へ »