« 栗の渋皮煮 | Main | 上弦の月、下弦の月 »

September 30, 2012

湯布院へ

29,30日と土日の休みを利用して湯布院へでかけた。生憎大型の台風17号が接近していて雨模様の天気の中を出かけることになった。

三浦半島沿いの田んぼは彼岸花できれいに縁どりされている。

014a

湯布院へは長崎自動車道から大分自動車道に行って湯布院インターで降りればいいのだが、折角のドライブなので一つ手前の九重インターで降りて九酔渓からやまなみハイウエイ経由で行く。

九重インターを降りたところでも刈り取った稲と彼岸花の競演が見られた。

018a

しばらく行くと九酔渓になるが道路沿いには早くも紅葉が見られた。

038a

そのまま進んでいくとやまなみハイウエイと交わる飯田高原(イイダコウゲンではなくハンダコウゲン)に出る。ここではコスモスが咲いていて、はやくも峠を越えていた。やはり高原は寒いのだろう。

041a

台風が近づいては来ていたが、雨も風もそれほどひどくはなく曇り空の中をやまなみハイウエイをドライブして湯布院へ到着。

044a

これは湯布院の駅。湯布院はおしゃれな温泉地として町おこしが成功した町で雨にも関わらず観光客が大勢であった。

ホテルに入って秋の味覚松茸満載の夕食を食べ、あとは温泉三昧にゆっくりとくつろぐ。

二日目は風はなく小雨と霧の中、またやまなみハイウエイを阿蘇まで走りそのまま菊池の方へ抜けて帰ることにした。やまなみハイウエイに来たらそれまでの霧も晴れて快適なドライブが出来た。

阿蘇の高原に来ると一面がすすきの原。高原に秋が来るのはやはり早いようだ。

066a

|

« 栗の渋皮煮 | Main | 上弦の月、下弦の月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 栗の渋皮煮 | Main | 上弦の月、下弦の月 »