« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

September 30, 2012

湯布院へ

29,30日と土日の休みを利用して湯布院へでかけた。生憎大型の台風17号が接近していて雨模様の天気の中を出かけることになった。

三浦半島沿いの田んぼは彼岸花できれいに縁どりされている。

014a

湯布院へは長崎自動車道から大分自動車道に行って湯布院インターで降りればいいのだが、折角のドライブなので一つ手前の九重インターで降りて九酔渓からやまなみハイウエイ経由で行く。

九重インターを降りたところでも刈り取った稲と彼岸花の競演が見られた。

018a

しばらく行くと九酔渓になるが道路沿いには早くも紅葉が見られた。

038a

そのまま進んでいくとやまなみハイウエイと交わる飯田高原(イイダコウゲンではなくハンダコウゲン)に出る。ここではコスモスが咲いていて、はやくも峠を越えていた。やはり高原は寒いのだろう。

041a

台風が近づいては来ていたが、雨も風もそれほどひどくはなく曇り空の中をやまなみハイウエイをドライブして湯布院へ到着。

044a

これは湯布院の駅。湯布院はおしゃれな温泉地として町おこしが成功した町で雨にも関わらず観光客が大勢であった。

ホテルに入って秋の味覚松茸満載の夕食を食べ、あとは温泉三昧にゆっくりとくつろぐ。

二日目は風はなく小雨と霧の中、またやまなみハイウエイを阿蘇まで走りそのまま菊池の方へ抜けて帰ることにした。やまなみハイウエイに来たらそれまでの霧も晴れて快適なドライブが出来た。

阿蘇の高原に来ると一面がすすきの原。高原に秋が来るのはやはり早いようだ。

066a

| | Comments (0)

September 26, 2012

栗の渋皮煮

秋の味覚をいただいた。その中にはもちろん栗が入っている。今年も栗の渋皮煮を作った。

昨年は鬼皮をむくときに渋皮にもかなり傷がついたので今年は研究して作ったのがこれ。

004a

WEBのレシピでは栗1kgに砂糖800gとあったが、甘さを控えめに400gで作ったが、栗の感じが良く残って美味しくできた。

鬼皮の剥き方:

①栗を熱湯に入れて御湯が冷めるまで置いておき、冷めてから皮をむく。

②お尻の部分に渋皮に傷をつけないようにして薄く包丁を入れて、少し削る。

③削り口に包丁を当てて皮をむいていくと比較的きれいにむける。

それでもやはり渋皮を削ってしまうが、今年は結構綺麗に向けた。茹でている間に4分の1くらいは形が崩れたが、残りは原形のままで出来た。昨年に比べると格段の進歩である。

栗は秋の味覚の代表だ。ではおいしい渋皮煮をいただくとしよう。

| | Comments (0)

September 25, 2012

彼岸花

先日の9月22日は秋分の日だった。土曜なのでお休みかと思ったら祭日だった。

秋分の日は9月23日が普通だが9月22日が秋分になるのは116年ぶりとのこと。しかしこれからしばらくは閏年は9月22日が秋分になるそうだ。次は2016年。

秋分の日というと彼岸花。さすがに秋分の日を迎えたのであちらこちらに彼岸花が咲いている。毎年律義に花を咲かせてくれるものだと感心する。

今日は休暇をとってゴルフに行った。秋晴れのもと気分最高の一日を過ごした。

帰り道、彼岸花公園という名前の看板があった。正式な公園の名前は別にあるが、一面が彼岸花で一杯だった。

008a

014a

一面の彼岸花に道を通る人が立ち止まって花に見入っていた。

もう秋だ!!

| | Comments (0)

September 24, 2012

月下美人 Part2

7月に月下美人の花が咲いたが、なんとまた二つ蕾がついてきた。花を観察するために家の中に入れておいたら、昨日1つ目の花が咲いた。

夕方咲きそうだなと思っていたら8時ごろにはほぼ満開になり、夜中まで花を開いていた。

038a

まさに白い貴婦人の代名詞がピッタリのようである。芳香が部屋いっぱいに薫っていて、なんとも贅沢な気分を味あわせてくれる。

2つ目の花はどうかとみると今日の夕方は蕾が今にも花が咲きそうに大きくなってきた。

045a

と見ていると、見る見るうちに花が開いてきた。

046a

047a

058a

またまた満開。馥郁とした香りがまた部屋中に薫ってきた。2日続けて花を満喫できるとは幸せ!!

昨日は用事で長崎の活水女子大学へ行ってきた。入り口の道路脇に栗の実が成っていた。やはり秋だ。

012a_4

また土曜日は諫早の干拓の里に行ったが、入り口にひまわりの花が咲いていた。一面が黄色で満開であった。

001a

| | Comments (0)

September 19, 2012

蝉の話

今日の昼間、会社でひぐらしの鳴き声が聞こえていた。神戸から来た同僚がひぐらしの声を久しぶりに聞いたという。神戸ではいまではなかなかひぐらしの声も聞こえないそうだ。長崎はまだまだ自然があるなという話になった。

その際、我々が子供のころは蝉といえばミンミンゼミがほとんどでだったのに最近は声を聞くことがなくなったという。まさに私もそう感じているところで、同じ感想を持っている人に初めてであった。

私が子供のころは夏休みの始まりごろにミンミンゼミが沢山ないて、その後でクマゼミがないて、最後にひぐらしで夏が終わるという感じであった。

このごろは初めにクマゼミの声でミンミンゼミの声をまったく聞かなくなった。ミンミンゼミはこの辺ではもう絶滅危惧種になったのではないかと思うぐらいだ。

気候変動の影響で蝉のバランスも変わるのだろうと思う。

| | Comments (0)

September 17, 2012

黄花コスモス

強烈で大型の台風16号が九州西岸に接近中であったが、まだ、遠くにあるらしく曇り空ではあるが穏やかな感じだったので、用事を済ませる方々ドライブをしていたら、道端の広場に一面に黄花コスモスが咲いているのを見かけた。

024a_2

この花は今の時期あちらこちらでよく見かける。夏の初めにも咲いていたが花の時期は6月から11月と永いそうだ。もとがメキシコ原産というから夏の暑さや水不足にも強いのだろう。

15日、16日は諫早ではのんのこ祭りが開催されていてのんのこ踊りや地元の浮立踊りなどで賑うが、あいにくの台風の天気でいまいちの盛り上がりであった。のんのこ踊りは諫早ではなくてはならない踊りで小学校の運動会や婦人会の踊りなどに必須の演目である。のんのこ節の歌に合わせて、小さな小皿を2枚づつ手に持ってカチカチ言わせながら踊るのは独特である。

| | Comments (0)

September 15, 2012

主夫湿疹闘病記 その5

正月にあと一息と書いたのだがなかなか治らない。右手はもう良くなったが、左手の薬指に出来た湿疹がなかなか治らない。マイザー軟膏は塗ると一時的には良くなるが、すぐ前より悪くなったりする。ステロイドの薬はなかなか微妙でむつかしい。

そういう状態なので8月17日に休みを利用して皮膚科に行ってまた見てもらった。その結果はただの湿疹だから軽いステロイドにしようということで、リンドロンV軟膏とビーソフテンを処方してくれた。

病院に行ったその後は劇的に効いたかな。もうすぐ完ぺきだと思うほどだったが、すぐにまた指にあれが出てきて、完ぺきにはなかなか治らない。

あれから一か月が経つが、左手の薬指はまだまだ継続して具合が悪い。他のところは完全によくなったのであと一息と思うのだが、なかなかしぶとい。

はやく完治の報告をしたいものだ。

湿疹でこれだからアトピーの人は大変だろうなとつくづく思うことである。

| | Comments (0)

September 12, 2012

しみとりの記 その後

2009年11月から半年かけてしみとりレーザ治療をして綺麗になったほっぺたに、最近またしみがでてきた。

結構黒ずんできたので、もう一度レーザ治療をしようかどうしようかと思いながら、毎朝、日焼け止めクリームを塗って出かけていたら、結構黒ずみが薄くなってきた。

今の状態ならまだレーザ治療は不要のようだ。日焼け止めクリームはなかなかのものだと実感する。PA+++、SPF50+は伊達ではないな。

若いうちに気をつけて日焼け止めクリームなどで用心していたらしみは防げそうだ。男性といえども美容には関心を持ったがいいのではないかと思うこのごろである。

| | Comments (0)

September 10, 2012

敬老の日

来週の月曜日が敬老の日だが、都合が悪いので一週間前だが、敬老の日のお祝いに福岡まで出かけた。レストランで軽くお祝いをしたが、御年寄にはいつまでも元気でいてほしいものだ。

その途中、家の庭先の花壇に珍しい花が咲いていたのでカメラに収めた。有名な花のほかはほとんど名前を知らないが、この花もなんというのだろうか。ほんとに花の種類も山あるものだ。

011a

※知人がこの花の名前を教えてくれた。パキスタス・ルテアという花だそうだ。キツネノマゴ科パキスタス属。別名はウコンサンゴ。

| | Comments (0)

September 03, 2012

晩夏2

土手に今年も鳳仙花の花が咲いていた。近所の人が花を植えているようだ。夏の終わりは花が少なくてさびしいのだが、きれいな花が咲いていると心がホッとする。

003a

百日紅の花はこの暑さのなかずっと咲き続けてくれている。夏の暑さを一瞬忘れさせてくれる。いつまで咲いているのだろうか。まだまだ綺麗だ。(イップダーッ!!韓国ドラマの影響です)

006a

| | Comments (0)

September 02, 2012

晩夏

お盆が過ぎたら台風が来たりして暑さが少し和らいできた。それでも日中はやはり暑い。暑さを避けて少し遅めに有明海沿岸にドライブに出かけた。

諫早平野の稲穂はしっかり実っている。一面が青々とした緑である。もうすぐ収穫の秋が近い。

007a

諫早平野を抜けて島原方面へ有明海沿いに進んでいった。御目当ての瑞穂漁協の売店に到着したときちょうど夕方の5時を過ぎた。まさにお店の戸が閉められた瞬間であった。残念。

お店の向かい側は有明海。ちょうど引き潮どきだった。春さきには潮干狩りで賑う海岸だが、今は人っ子一人いない。そのときトンビが高いきれいな声でピーヒョロロとないて、遠浅の浜辺を気持ちよさそうに飛んでいるのが見えた。

015a

| | Comments (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »