« 精霊流し 2012 | Main | 蜂さされ »

August 17, 2012

諫早 御手水観音

諫早には御手水観音という奈良時代に開かれたという御寺があるという。

場所はどこかと調べてみると白木峰に行く道の途中から山の中の方へ行ったところにあるようだ。白木峰はコスモスや菜の花の季節には華やかで賑うところである。

白木峰に登る途中に消えいりそうな道路案内板に御手水観音の標識があった。ここから左に折れてしばらくいくと小さな農道があって入り口の案内板があった。この先は歩いていかねばならない。

まわりには何もない森の中で道路脇には崖が張り出していてそこに仏さまの絵が刻まれている。昔からある磨崖仏群で49体もあるそうだ。

そのうちの一つがこれ。

027a

昔修行に来た御坊さんが崖に描いたのだろうか。

少し行くと滝のようなところがあってそこに御寺があった。何人かの人がお参りに来ていた。

020a

どうしてこんな山奥にこのような御寺ができたのだろうか。今でこそ近くまで車でこれるが、昔はここまで来るには一日以上かかったのではなかろうか。

修行するには人里離れていて都合がよかったのかもしれない。

8月18日前後にこの近くの集落の人たちが毎年まわりもちで奉納踊りをするそうだ。ことしは8月19日に予定されているという。

|

« 精霊流し 2012 | Main | 蜂さされ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 精霊流し 2012 | Main | 蜂さされ »