« 五月連休その1 | Main | 五月連休その3 »

May 02, 2012

五月連休その2

福岡に行った帰りは、お気に入りのいろは島温泉へいく。ここは唐津市の国民宿舎で泊りも可能なところである。福岡から唐津へは西九州自動車道という自動車専用道路がある。この道はこれまでは唐津の手前までであったが、今回は工事がすすんで唐津市街に入らず唐津を過ぎたところが終点になっていた。さらにまださきまで工事中であった。思いがけずなれないところに来てしまったので地図を片手にあっちへこっちへしながら、ようやくいろは島への見なれた道についた。

いろは島の入り口には棚田百選の地、大浦棚田があり、この棚田の先に点々と島が見えるのがいろは島である。065a

この棚田ではもう田植えが終わっている。

055a

湾の向こうに見える海岸まで下ると国民宿舎いろは島。

ここの温泉は湯船につかりながら海を眺めることができて解放感一杯である。この温泉は透き通ったアルカリ泉でお湯につかっていると肌がぬるぬるしてきて、いかにも美しい肌になりそうだ。

しっかり温泉に入って、長崎への帰途につく。いろは島から長崎へのルートは初めてのことでよくわからないが伊万里を経由するルートで帰ることにした。伊万里方面との標識があったのでそちらへ行くと山道やらなにやらで今自分がどこにいるのかも定かでない状態になる。いつものことで同乗の妻があきれて言う。「あなたの車に乗っているといつも大冒険だわ」。うろうろしているうちになんとか広い道らしい道にでる。伊万里から有田、波佐見と焼きものの名所を通り過ぎて長崎へむかう。有田陶器市は今の時期たくさんの人出で賑う陶器市である。混雑している陶器市の会場は避けて波佐見の町へと向かう。

波佐見の町でもこの時期陶器市が開催されていて、有田ほどではないが大きな賑いを見せている。

076a

波佐見まで来るとあとは馴れた道だ。すいすいと長崎へと向かう。

|

« 五月連休その1 | Main | 五月連休その3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 五月連休その1 | Main | 五月連休その3 »