« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

May 26, 2012

花菖蒲 あやめ(文目)

大村公園は花菖蒲の名所でもある。そろそろ咲いているのではないかと見物に出かけた。

ここにはいろいろな種類の花菖蒲が植えてあるが、江戸系の花菖蒲が植えられている堀はちょうど今が見ごろであった。曇り空のもと、多くの人が見物に来ていた。

013a

029a

隣の肥後系の花菖蒲が植えられている堀はご覧のようにまだまだのようだ。時間差があって満開になるので永い間花を楽しむことができる。

030a

花菖蒲はあやめ科の花である。。いずれあやめかかきつばたといわれているが、どれがあやめでどれがかきつばたなのか、はたまたあやめやかきつばたと花菖蒲の違いはどこにあるのか知る人は知っているのだろうが、なかなか区別がつかないままに今に至っている。またあやめは漢字でどう書くのかというと文目または綾目とかくようだ。文目とかいてあやめとよむとはこれまた、今の今までしらなかった。結構身近なことで知らないことが多いものだ。

大村公園からの帰り道、一群の赤いタチアオイを見かけた。この花も今が満開の時期のようだ。

032a

| | Comments (0)

May 20, 2012

ミヤマキリシマ 2012

最近我が家では韓国ドラマにはまってテレビはDVDに占有されている。それでめったにテレビをみることがなくなったが、たまたま妻がテレビをつけたら、小浜のジャカランダと雲仙のミヤマキリシマの紹介をしていたという。

週末を待って花見にでかけた。小浜のジャカランダはまだまだであった。ジャカランダは次回の楽しみにして雲仙へと向かう。

雲仙のミヤマキリシマはちょうど今が見ごろであった。仁田峠の駐車場は渋滞との案内があったが、折角来たのだから頑張って登って行った。道路沿いにもミヤマキリシマがきれいに咲いている。循環道路の途中にある展望所では平成新山の山肌が見える。この山にも大分緑が見えるようになってきた。

042a

仁田峠の駐車場への入り口は渋滞でしばらくノロノロ運転でようやく車を止めることができた。

あいにくの曇り空であったが、いまが満開のミヤマキリシマを見ることができた。

065a

063a

下界では撫子の花も満開。

022a

この花の名前はなんというのだろうか。今の時期あちらこちらで満開になっている。道路脇に咲いた花も満開。

008a

※地域の新聞を見ていたらこの花が載っていて名前はゴテチャというそうだ。和名は色待宵草で月見草科の花で北米原産とのこと。どうも最近のはやりの花のようだ。

| | Comments (0)

May 14, 2012

麦秋 2012

今日は母の日。祖母に感謝の食事会を親戚一同で行った。

帰りは天気もよく、時間もゆっくりあったので、高速を使わず、のんびり一般国道を通って長崎へと帰る。途中佐賀平野を通る。佐賀平野は九州で有数の穀倉地帯である。今の時期、麦が黄色く色づいて、刈り入れを待っている。

027a

麦畑を眺めていたらちょうど博多から佐世保へ向かう特急みどり号がとおりかかった。博多からのJRは肥前山口というところで佐世保と長崎へ行く線路が分かれていてここはもう佐世保へ向かう道である。われわれはこれから武雄、嬉野という温泉街を抜けて大村を経由して長崎へ向かう。

このルートは九州新幹線西九州ルートが予定されている経路と同じである。

| | Comments (0)

May 10, 2012

アンネフランクのバラ

通り道にある図書館の前に、毎年今頃、きれいな色のバラの花が置かれている。バラの花にしてはやや地味だが、なんとも興味をそそられる色合いをしていて気になっていた。

先日、病院に行ったときかかりつけの先生がこの図書館の前にあるバラの苗を分けてもらって自宅の庭に植えようと思っていると言われる。花の名前を聞いたらアンネフランクというとのことであった。

001a

アンネフランクで調べてみると、このバラは「平和の使徒」ともいわれているらしい。アンネの日記のアンネフランクにちなんで作られたバラの品種で日本でも各地で育てられているとのこと。

先生も昔ヨーロッパを旅したとき、アンネフランクの隠れ家になっていた屋根裏部屋を見たことがあるとのこと。この花も先生のバラ園にしっかり根づいて、平和の願いを広めてくれることだろう。

| | Comments (0)

May 06, 2012

五月連休その4

9日間の豪華な連休も今日で最後になってしまった。明日からはまた仕事が始まる。最後の今日はまた少し遠出をしようと思ったが、出発が遅くなったので遠出はやめて近場にいくことにした。

大村の先の野岳湖の近くに裏見の滝で石楠花祭りが開催されているのを思い出して裏見の滝へ出かけることにした。裏見の滝は下まで降りれば滝を裏から見ることが出来るので有名である。この滝のまわりに沢山の石楠花が植えてありいろとりどりの花が咲き見ものである。

044a

043a

石楠花の花はもう最後に近いようで花が終わったものも沢山あるが、まだ満開の種類も残っていてかろうじて間に合った感じであった。

032a

025a_3

今の時期はいつもの見なれた花のほかに珍しい種類の花も咲いていた。同じ石楠花でも少しずつ満開の時期がずれている。

021a

045a

この石楠花苑は花の時期は入場料が必要なのだが着いた時間が閉苑間際であったので無料でサービスしてくれた。連休の最後にちょっとした幸運だ。

| | Comments (0)

May 03, 2012

五月連休その3

今日も快晴に恵まれた。休みでもあり、長崎に国立公園が二つあるうちの一つ、西海国立公園の西海橋に出かけて行った。西海橋は大村湾の入り口で引き潮と満ち潮の潮目の境目に大きな渦が出来るので有名なところである。橋の上から眺める光景は絶景である。ちょと下をのぞくと怖くなる。

041a

向こうには新西海橋が出来てもう開通している。新しいほうの道は出来たばかりなので有料道路になっている。050a

橋の入り口には地元でとれた海産物の販売所があり、沢山のひとで賑っている。ここで我々もマテガイ、ハマグリ、ミナを調達した。054a

帰り道は連休の常で交通事故があったらしく大渋滞に巻き込まれ車がほとんど進まなくなった。渋滞の車の横をリュックをしょった人が大勢すいすいと歩いていく。

065a_2

この人たちは佐世保ー島原ウルトラウォークラリーの参加者で佐世保を今日のお昼に出発して明日のお昼に島原に着く予定だそうだ。歩く距離が105kmもある大変ハードなウォークラリーである。車が渋滞を抜けて走り出してからも、走れども走れども行列が途切れることなく続いていた。それもそのはず参加者は1000人弱 を数えるほどの人気なのだそうだ。

家に着いて販売所で購入したミナという貝を食べようとしたのだが、茹でたあとで食べようとしたら、写真のように口が奥に引っこんでいてどこからも爪楊枝が入らない。下の写真の左側に見える底の面は固い貝殻になっていてサザエやニシのような口が見えない。

080a

どうみても中身を出せるところがないので金づちでたたいて割るしかないかと思ったが、調べてみるものだ。ネットでミナの食べ方で検索したら良い記事が見つかった。真ん中のへそのようなデボチンの対角線側のところにたたけば薄く割れるところがあるとのこと。

別のの貝の頭でコンコン叩いてみるとなるほど薄く割れるところがあった。ここから爪楊枝を入れて身を口の方に送り、頭が出たところを爪楊枝で引きだすと中身を取り出すことが出来た。

081a

いつもは貝好きの妻が自分で中身を取り出して勝手に食べるのだが、流石にこれは面倒くさいようで「こんなめんどくさい貝は嫌いだ」とのたまって中身を取り出すのは御免だという。仕方がないので私が貝を叩いて中身を取り出すはめとなった。出てきた中身は妻が美味しくいただいた。

| | Comments (0)

May 02, 2012

五月連休その2

福岡に行った帰りは、お気に入りのいろは島温泉へいく。ここは唐津市の国民宿舎で泊りも可能なところである。福岡から唐津へは西九州自動車道という自動車専用道路がある。この道はこれまでは唐津の手前までであったが、今回は工事がすすんで唐津市街に入らず唐津を過ぎたところが終点になっていた。さらにまださきまで工事中であった。思いがけずなれないところに来てしまったので地図を片手にあっちへこっちへしながら、ようやくいろは島への見なれた道についた。

いろは島の入り口には棚田百選の地、大浦棚田があり、この棚田の先に点々と島が見えるのがいろは島である。065a

この棚田ではもう田植えが終わっている。

055a

湾の向こうに見える海岸まで下ると国民宿舎いろは島。

ここの温泉は湯船につかりながら海を眺めることができて解放感一杯である。この温泉は透き通ったアルカリ泉でお湯につかっていると肌がぬるぬるしてきて、いかにも美しい肌になりそうだ。

しっかり温泉に入って、長崎への帰途につく。いろは島から長崎へのルートは初めてのことでよくわからないが伊万里を経由するルートで帰ることにした。伊万里方面との標識があったのでそちらへ行くと山道やらなにやらで今自分がどこにいるのかも定かでない状態になる。いつものことで同乗の妻があきれて言う。「あなたの車に乗っているといつも大冒険だわ」。うろうろしているうちになんとか広い道らしい道にでる。伊万里から有田、波佐見と焼きものの名所を通り過ぎて長崎へむかう。有田陶器市は今の時期たくさんの人出で賑う陶器市である。混雑している陶器市の会場は避けて波佐見の町へと向かう。

波佐見の町でもこの時期陶器市が開催されていて、有田ほどではないが大きな賑いを見せている。

076a

波佐見まで来るとあとは馴れた道だ。すいすいと長崎へと向かう。

| | Comments (0)

五月連休その1

五月の連休が始まった。今年は祭日の並びが良くて土日の休みと祭日を組み合わせ5月1日と2日を休暇にすれば多くの人が9連休になるそうだ。

我が家も息子夫婦が連休で里帰りしてきたので、お気に入りの雲仙青雲荘へ行く。これは雲仙への入り口。

004a

青雲荘では入口にチューリップの鉢植えがあり全員がお日様に向かって首を伸ばしている様はちょっとユーモラスであった。

005a

連休初日であったが、たくさんの泊り客で一杯であった。食事の前に温泉に行ったが、なんといつもの温泉とは別に大きな露天風呂が新設されていて4月の25日にオープンしたばかりとのこと。露天風呂への入り口はまだ木の香が薫っている。早速露天風呂に入り疲れをいやす。この温泉は硫黄泉で乳白色に濁ったお湯が気持ち良い。

温泉に入り、山の幸、海の幸の夕食を食べて、また温泉に入る。今度はもとからある大浴場に入る。もうしっかりお肌もつるつるで温泉からあがったあとも硫黄の香りが肌について気分が良い。

翌日はもう息子夫婦が福岡空港から帰途につくというので福岡まで送っていく。福岡の近くにきたらこちらはやはり長崎より寒いのだろう蓮華畑に蓮華の花が満開に咲いていた。

023a

福岡の民家の庭のつつじもまさに満開であった。

031a

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »