« 諫早平野 春の日差し | Main | 三寒四温 »

February 16, 2012

フライパン考

フライパンや中華鍋、鉄製のものは錆が一番の弱点である。鉄製のものは購入した最初にしっかり空炊きして油をその後でなじませておくとよいそうだ。

我が家にも中華鍋や鉄製のフライパンがあるが、適当に使っていた。汚れがたまっては金属たわしでピカピカに磨いていたが、これは最悪な手入れ方法だったようだ。

最近、フライパンを使ったあとは亀の子たわしで洗う。汚れが落ちないときはフライパンに少し水を入れて温めて汚れを浮かしてもう一度亀の子たわしで洗う。大体これできれいになる。

その後でフライパンを火にかけて空だきして乾燥させる。水気がなくなる程度に乾かせばそれでOK。このようにすることで結構次に使うとき使い勝手が良い。ときどき空だきの後で油をひいておけばこびりつきも少ないようだ。

これからもしっかり研究して道具は大事にしておかねばならない。

|

« 諫早平野 春の日差し | Main | 三寒四温 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 諫早平野 春の日差し | Main | 三寒四温 »