« 2012年正月 | Main | 冬の花 ロウバイ »

January 09, 2012

初春の出来ごと

正月ももう9日が過ぎた。昨日今日と比較的穏やかな天気に恵まれドライブ日和であった。

諫早平野からみる多良岳の風景ものどかさを感じさせてくれる。

010a

家々の庭先には木蓮の花の蕾が春を待ちわびるかのように枝先に出てきている。春はもうすぐそこだ。

021a

この前まで黄色に輝いていた銀杏の並木は葉をすっかり落として冬景色である。

049a

なかでときどき赤い実をいっぱいつけた木が植えられている通りもある。冬の街並みに時々華やかさが漂う。

041a

のんきにドライブしていつものように大村の「しゅしゅ」で一休みしようと思ったその瞬間である。

右側のわき道から突然車が飛び出してきて、我が愛車の右後部ドア付近にぶつかってきた。こちらは片側一者線の大通りを走っていたのだが、相手が左側から走っていた我が車を見落としたようだ。

平和な一日が事故処理に追われる苦難の一日になった。幸いあまりスピードも出ておらず、事故といっても衝撃もなく物損で済む程度で車の走行にも問題はなかった。

ぶつかってきた車は近くの畑で農作業をしていた軽トラックで早速警察を呼び保険屋さんに連絡して事故処理を進める。相手の車の前方不注意が原因だが、向こうは軽トラックで前のバンパーが少し擦れた程度の軽傷。こちらは右後部のドアが大破。右後部のフェンダー部分も大きく損傷。

こちらがほとんど被害者なのに、あとの面倒はほとんどこちらばかりで事故にあうと被害者側が大変だと実感する。金銭的には多分保険で賄えると思うが、車は完全には元通りには戻らないし、これから修理に車を出している間は車は使えないので不便だし、事故の後始末の手続きはいろいろ面倒だし、何しろ精神的苦痛も結構なものである。

くれぐれも車の運転は気をつけないといけない。初心に戻って「防衛運転」を徹底しよう。

最後はディーラに車を持って行って修理の相談をしたが、帰りがけにお正月ということで思いもかけず福袋をくれた。これで少しは慰められたかな。

一瞬の油断が大事を招くということを思った一日であった。用心!用心!!

|

« 2012年正月 | Main | 冬の花 ロウバイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012年正月 | Main | 冬の花 ロウバイ »