« 冬の花 ロウバイ | Main | アブチロン »

January 16, 2012

13回忌

今日は祖母の13回忌を行った。祖母は明治の終わり、20世紀の始まリに生まれ、明治、大正、昭和の時代を生き、20世紀最後の年2000年に亡くなった。20世紀の始めから終わりまでほぼ一世紀を生きた女性だった。波乱万丈の人生を送り、明治の女性ながら、世界旅行もしたことがあるハイカラさんだった。最後は子供、孫、ひ孫に囲まれて惜しまれながら亡くなった。お坊さんの御経のあとで、親族で食事をしながら優しかった故人の思い出を語り合った。

近くの公園には水仙の花が咲いていて美しい。福岡では水仙は今が満開の時季のようだ。

007a

また金柑の実も塀から顔をのぞかせている。正月の風物詩である。

008a_2

民家の庭先に木瓜の花が咲いていた。この木は年中ぽつぽつと花を咲かせるそうだが、花の後ろにはびっしりと小さな蕾がついて春の訪れを待っている。まだまだ寒い日が続くが、花木は春が近いことを感じさせてくれる。

003a

|

« 冬の花 ロウバイ | Main | アブチロン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬の花 ロウバイ | Main | アブチロン »