« 夏の終わり | Main | 波佐見焼 »

September 04, 2011

お諏訪さん

長崎市の中央の小高い丘の中腹にある諏訪神社は長崎の市民にお諏訪さんと呼ばれて親しまれている。

004a

長崎の秋はお諏訪さんのおくんちで盛り上がる。今はその準備中である。境内にはおくんちのポスターも貼られ、出し物の練習も始っている。

008a

長崎のおくんちは九州では一番のお祭りの一つである(自称日本三大祭りだそうだ)。旧長崎の市内の各町ごとに踊り町が決まっていて毎年交代で出し物をだす。おくんちの名物は勇壮な蛇踊りと豪快なコッコデショであるが、これはそれを担当する踊り町が当番にならない年はお休みになる。今年は蛇踊りはお休みで、コッコデショがメインになるようだ。

各出し物の奉納踊りは二百段近くある階段の途中にある踊り場が舞台である。異国情緒豊かな奉納踊りをしたあとで勇壮に階段を下って、町を練り歩く。

006a

お諏訪さんのご神体が御神輿に載って大波止というところにある御旅所へ向かうお下りで、祭りの間神様はそこに仮住まいされるのだそうだ。祭りが終わるとまた御神輿に載ってお上りして神社にお戻りになる。

|

« 夏の終わり | Main | 波佐見焼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夏の終わり | Main | 波佐見焼 »