« July 2011 | Main | September 2011 »

August 2011

August 29, 2011

夏の終わり

福岡空港へ息子夫婦を送って行った。その帰り道空港の近くに一面にキバナコスモスの花が咲いていたので車を停めて写真を撮る。

041

しばらく行くと大きな栗の木が目についた。木のそばに行って下から見ると青い栗の実がついている。栗の実が食べられるのももうすぐだ。

046

今年は原子力発電所が止まったままで節電の夏であったが、もうすぐ暑い夏も終わり実りの秋が近づいてきているのを感じる。

| | Comments (0)

August 21, 2011

夏祭り

夏の夕べは各地で夏祭りがある。近くの自治会が開催している夏祭りがあったので行ってきた。会場の中央広場で地元の伝承芸能の踊りや、青年団や高校生の和太鼓の演奏などで大いに賑っていた。

Dsc00488a

会場では赤とんぼも沢山周りを飛び交っていて夏も終わりが近いことを感じさせる。

地元の自治会の手作りの出店でやきそば、やきにく、カレーなどがあって、それを買ってテントの中で食べて盛り上がっていて、田舎ならではの夏祭りであった。

Dsc00398a

| | Comments (0)

August 12, 2011

盛夏 百日紅

立秋を過ぎたが、まだまだ暑い日が続いている。街路樹の夏の花、百日紅(さるすべり)が真っ赤に染まってきた。

026a

夏の日にはこの赤が良く似合う。

019a

今年の夏は原子力発電所がほとんど稼働できず節電の夏になっている。我が家でも少しでも節電の役に立てばとゴーヤのカーテンに挑戦したが、なかなか簡単には行かない。暑さが真っ盛りの今になってようやくカーテンの雰囲気になってきた。

これが我が家のゴーヤのカーテン。

012a

カーテンの裏側に入るとこんな感じになる。なかなか涼しげだが実用にはやや厳しい。おまけに実がなる気配もないのはどうしたことか?

014a

せめてしっかり実をつけてほしいものだが。

| | Comments (0)

August 08, 2011

夏の島原へ

台風9号が来ているが、九州には直撃しなかった。曇り空が夏の太陽を少し抑えてくれたので島原半島へドライブにでかけた。ドライブの途中でユリの花を見つけた。夏はなかなか花が少ないが、夏の花は派手なものが多い。

002a

島原市内を過ぎると雲仙の山肌が見える。この山が火砕流で多くの人の命を奪ったのだ。

024a

ここから山道を登っていくと雲仙の温泉街に出る。ここには多くの旅館やホテルがひしめいていて観光客で賑っている。ここでは地面から温泉の湯煙がもうもうと漂う地獄巡りが名物なのだが、最近は少し湯煙の量が減ってきている。

039a

雲仙温泉街を過ぎて麓へ下りるとそこは小浜温泉。

051a

小浜温泉を過ぎると唐比のハス園が見えた。ハス祭りはとうに終わっているが、遠目に花が咲いているのが見えた。睡蓮の花が水面に映えていた。

Dsc00372a

| | Comments (0)

August 02, 2011

夏の風物詩 花火

夏はなんといっても花火大会だ。大村の夏越祭りで花火大会があるというのでおっとり刀で会場へ駆けつけた。

大村には長崎空港があるので飛行機の最終便が終わったあとで花火大会が始まる。

会場は満員だったので、ほかに近くで花火が良く見えそうな場所を捜して、花火見物。

いよいよ始まった。シュルシュル、パーッ、ドッカーン。色とりどりの花火が地響きとともに夜空を飾る。

Dsc00357a

Dsc00351a

Dsc00242a

隣で花火を見ていた親子の会話。

「花火の音も戦車の音と同じぐらいドーカーンと来るのにあなたは戦車の音は怖がるのに、花火の音は平気なんやね。」

「うん、花火はきれいだから大丈夫」

大村には自衛隊の駐屯地がある。そこで戦車の空砲で発射訓練が行われているのだろう。間近で聞く、花火の音は、これは戦車の大砲の音にも匹敵するようだ。

| | Comments (0)

August 01, 2011

夏の花 鳳仙花

夏の花はあまり多くの種類がないが、近くの土手に珍しく鳳仙花(ほうせんか)の花が咲いていた。

Dsc00227

昔はよく鳳仙花の花を見かけたものだ。これでマニキュアのように色を塗って遊んでいたような記憶がある。

Dsc00225

鳳凰と仙人を合わせた立派な名前だが、西洋ではかわいそうな花のようだ。花言葉を調べてみると「わたしに触れないで」という意味だそうだ。

黄金のりんごを盗んだのではないかとゼウスに疑われた女神が自分の無実を示すために真犯人を捜したが力尽き、この花になったのだとか。花の実に触れるとパッとはじけるさまが、いかにも私は無実ですと言っているように見えるのだとか。

| | Comments (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »