« 晩秋の風景 | Main | 捏ねない簡単パン »

December 08, 2010

主夫湿疹闘病記3

右手の中指と薬指の間の湿疹がなかなか治らない。治りそうかなと思うとまた悪くなるの繰り返しで、11月30日にまた皮膚科に行った。

顕微鏡で皮膚の状態を見ると細菌はいないとのことで湿疹には違いないそうだ。

また薬を貰って塗り続けたところ、今日12月8日現在、かなり良くなった。今度こそ完治してくれると期待が膨らむ。

今度貰った薬は(1)マイザー軟膏とフシジンレオ軟膏を混ぜたものと(2)サトウザルベ軟膏とプロペトを混ぜたもの。(1)は朝晩2回、(2)は晩に(1)を塗った上から塗って包帯をしてつつむ。あとは今までと同じ保湿剤ビーソフテンも塗る。このビーソフテンはすぐれものだ。これのおかげでここまで改善できたと思う。感謝!!

今回はかなり効果がでて今日現在かなり良い状態だ。右手の中指の腹がすこし赤みがまだ残っているが、このまま消えてくれるのではないかと期待できる。

永い主夫湿疹との戦いももうすぐ終わるだろう。

|

« 晩秋の風景 | Main | 捏ねない簡単パン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 晩秋の風景 | Main | 捏ねない簡単パン »