« 初夏 花菖蒲 | Main | シュークリーム »

May 10, 2010

しみとりの記

よる年波というか、目の縁のしみが大きくなってきた。両目の縁に大きなものができてきた。特に右目の下にできたものが大きくて、会う人に「転んで怪我でもしたのか」と聞かれる始末。

どうしたものかと思っていたところ、知人の娘さんがころんで眼の下をひどくすりむいてしまったが、良いクリニックの先生がいて、まったくあとも残らないようにきれいに治ったという話を聞いた。

さっそく、そのクリニックを紹介してもらって、そこでしみとりのレーザ治療をしてもらうことにした。

失敗したら困るので片側ずつ、まずは、ひどいほうの右目の縁の方を治療してもらうことにした。その治療をしたのが去年の11月20日(金)。

それから半年、今日5月10日(月)、ようやく右側の治療は終了。合計15回の通院だった。

右側のしみはしみとあざの複合体とのことであざの部分は別のレーザ治療が必要とのことだが、それほど目立つものではないのでこの辺で良いだろう。

調子がよかったので途中で左側の治療もしてもらったのだが、こちらの治療はまだしばらく続くが、おかげさまで両側ともしみは目立たなくなった。

しみとりのレーザ治療は保険が効かないのですべて自費で結構なお金がかかったが、気分良く生活できるようになって大満足だ。

しかし、これも整形というのかなー?!

|

« 初夏 花菖蒲 | Main | シュークリーム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初夏 花菖蒲 | Main | シュークリーム »