« ブラジルの食 チーズパン | Main | 春近し 梅の芽が出た »

January 17, 2010

川棚温泉 しおさいの湯 長崎

先日までの寒さが和らいで春が近いことを思わせるのどかな日和だった。

いま、長崎駅では東彼杵地方の各市町(川棚町、東彼杵町、波佐見町、大村市)の宣伝キャンペーン中である。

川棚町に川棚温泉しおさいの湯があるというのでドライブを兼ねて温泉にいった。

国道を長崎から佐世保方面に向かうと左に大村湾が見える。途中でしおさいの湯の案内板にしたがって、左に折れて細い道をすすんでいくと岬の先端にしおさいの湯が見えてきた。

019

021

温泉は透明のアルカリ泉でお湯に入っていると肌がぬるぬるとしてきた。

さっぱりしたあとでお食事どころで昼食をとって帰途についた。帰りは少し遠回りして波佐見町を経由して帰ることにした。のどかな山中の田園風景の中をしばらくドライブしていくと波佐見町についた。波佐見町は焼きものの里で、町の中心にはやきもの公園や陶芸館がある。公園には陶器の壁が設けられていた。

036

この辺りは唐津、伊万里、有田といった日本でも有数の焼きものの町が集まっている。

川棚町と大村市の間には国道のほかに広域農道大村湾グリーンロードが建設中だ。途中まではもう開通しているのでこの道を通って帰る。立派な道だがあまり車は通っていない。ドライブには快適な道路だ。

003

途中にアロエの畑がある、朱色の花が一面に咲いている。この前の雪にも負けなかったようだ。

007

|

« ブラジルの食 チーズパン | Main | 春近し 梅の芽が出た »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブラジルの食 チーズパン | Main | 春近し 梅の芽が出た »