« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 28, 2007

男の料理教室

男の料理教室の3回目

今回は長崎名物のトルコライス。

トルコライスとは長崎で創作された洋食メニューでピラフとスパゲッティにとんかつが載った一回でいろいろなものが食べられるランチである。

今回の先生は食堂のご主人。

生徒は定員20人のところ、全部で10人。前の回でも見かけた人が何人かいたが、なかなか料理教室にいってみようという人はいないようだ。4つのテーブルに3人、3人、2人、2人とわかれて作業にかかる。、

まず先生が、ピラフの具と味噌汁の具(これは豆腐とわかめ)の準備の手本をみせる。その後、それぞれのテーブルで作業する。

スパゲッティも茹でておく。スパゲッティは鍋に塩を小匙に少々いれたをお湯をたっぷりわかして沸騰させ、そこに適量のスパゲッティをまわしいれる。流石に先生、パラパラパラと渦のようなシルエットを描くようにスパゲッティをまわして入れた。そのうち練習してこの技をみにつけよう。その後お湯が再び沸騰してきたら火をとめて10分間おけば出来上がり。ガス代節約の経済的スパゲティの茹で方である。茹だったら水に冷やしておいておく。これは先生が全員の分をつくったので各人の実習はなし。

とんかつを次に揚げる。豚肉はロース肉を使用。脂身のところは筋きりをする。ロースのとなりのほうがバラ肉だそうだがそちらのほうの脂身は包丁でつついておく。

この豚肉に衣をつける。小麦粉、卵を割ったものに水を少々いれて薄めて小麦粉をいれてとろみをつけたもの、パン粉をバットにいれておいて順にまぶしていく。パン粉はたっぷり豚肉の上に載せてしっかり押さえつける。裏面にも衣をしっかりつけたら、余分な粉をおとして準備完了。

180℃に熱した油にこの豚肉を入れて揚げたら、お皿にあげてスタンバイ。揚げは先生と講座の補助の人で作業する。

ここまでで大体の準備完了。いよいよトルコライスつくりにかかる。これは個人個人の作業で、ピラフをつくり皿にのせたら続いてスパゲティを炒め、ケチャップを混ぜたら、これをピラフと同じ皿の上にのせる。

ここで、前に揚げておいたとんかつを適当な大きさに切り、ピラフとスパゲッティの上に載せて、デミグラスソースをかけるとトルコライスの完成である。

これは各人で行う。私たちのテーブルは3人だったのでこの作業を3回繰り返すわけである。出来上がったトルコライスをみんなでご馳走になる。おいしく出来ていた!!

今回もいろいろ勉強になることがあったが、その中の2つ。

①ピラフをつくるために卵を割って溶き卵を作るのだが、私はいつものように缶のかどのとがった部分の卵をあてて割ったら、一緒にいたおじさんが「卵はそうして割ると卵の殻が中に入りやすいのでテーブルの平らな面で割るものですよ」と教えてくれた。

今まで沢山卵を割ってきたけれどそれは知らなかった。帰宅後この話を妻にしたら、「そんなのあたりまえでしょう。私はいつもそうしているよ」と言われてしまった。いつも見ていたけれどまったく気がつかなかった。やはり意識をして見ていないことには気がつかないものだ。いわゆるバカの壁である。

②熱したフライパンに水をかけて冷やすときはフライパンの裏側から水をかけること。そうしないと折角フライパンに出来ていた酸化皮膜がはげて焦げやすくなるのだそうだ。それはそうだと納得。

| | Comments (0)

October 22, 2007

金木犀

今日は通勤の途中、あちらこちらから金木犀の良い香りがしてきた。家に着いて我が家の庭の金木犀を見ると、これにもびっしりと黄色い花がついていた。秋なのだなと感じさせてくれる。

こちらは10月の初めまで残暑の残りが厳しかったのだが、このごろ急に涼しくなり、今では肌寒さを感じるようになってきた。今年の気象はほんとにおかしい。

今度は冬の寒さがきつくなるかもしれない。体調管理には気をつけよう!!

| | Comments (0)

October 21, 2007

ベゴニア

071117070 今年は玄関に置いたベゴニアの花がよく咲き続けている。もうかれこれ2ヶ月近くは咲いているのではないだろうか。

もう花が終わるかなと思うとまた次が咲いてくる。また幹もだんだん大きくなってきたようだ。このごろは、朝の出勤前に元気な花たちを眺め、仕事を終えて帰ってきたら水をやるのが毎日の楽しみだ。

このベゴニアは昨年の9月に県民大学講座のお土産で貰ったものだ。売り物にならないので放り出してあったもの貰ってきたもので、去年はそれほど沢山は咲かなかったが、今年は見違えるように咲き続けている。昨年貰った講座のお土産で今年も残っているのはこのベゴニアだけだから何がどう幸いするか分からない。

いつまでもこのまま咲続きけていてくれたらいいのだが。

| | Comments (0)

October 16, 2007

遠方に住んでいる息子夫婦が子供たちを連れて一家で帰って来るというので、最近の料理の成果を披露すべくメニューをあれこれ考えた。いかんせん私の料理はまだ時間がかかるので、出来るだけ簡略にできるものを選ぶ。

主たるメニューは刺身、お好み焼きと鯵のソテーに決める

小皿に茶碗蒸しとかぼちゃのポタージュ(これはNiftyの旬のブログに選ばれたもの)

おやつはあんぱんとパウンドケーキ

いくら丼も子供たちの好物ゆえかかせない。長崎に住んでいると新鮮な魚に不自由しないので大いに助かる。

妻は得意の高菜漬の油炒め、鶏肉のつくね、ほうれん草の白和えを作る。

妻のデザートはフルーツヨーグルトとアイスクリーム。

いよいよ息子夫婦の一家が到着。まずあんぱんが子供たちに好評を博した。

刺身はもちろんおいしい。つくねといくら丼も好評。なかでも子供たちに絶賛を浴びたのがかぼちゃのポタージュと茶碗蒸し..シェフ見習いのデビューとしては上出来の成果であった。

息子夫婦もわれわれの負担を少し軽減すべくおみやげに地元の名物のうどんを持ってきてくれたので一食はこれでおいしく食べた。

つぎはどんなメニューを開拓しようかな。

| | Comments (0)

October 08, 2007

すすきの復活

今年の秋はなぜかすすきが目に付くようになった。今までせいたか泡立ち草に押されてすすきの影が薄くなってきていたのだが、今年は道端にすすきをよく見かける。

長崎ではすすきとせいたか泡立ち草の戦いはすすきが勝利するのではないかと思う。

日本の秋はすすきが似合う。このまますすきに復活してほしいものだ。

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »