« 男の料理教室 中華料理編 | Main | イースト菌が膨らんだ »

September 03, 2007

焼き飯

男の料理バージョンの焼き飯

材料:たまねぎ、かまぼこ、万能ねぎ、卵1個、ご飯、塩、味の素

中華なべを熱してから、ラード(サラダ油でよいが、ここではラード)を入れて鍋に油をつける。ひととおり油が回ったら、一旦余った油をもとにもどし、あらためて油をいれる。そこへ卵を入れる。男の料理は卵を混ぜずに割ったらそのまま入れて炒める。次に、みじん切りしたたまねぎ、かまぼこを入れて炒める。たまねぎが大体透明になってきたら、塩と味の素がかかったご飯を入れる。これを炒めていけば出来上がり。

秘伝その1:お玉の腹で鍋につぶすようにしてご飯を炒めていくのだが、ここでお玉でご飯を押さえつけてはいけない!押さえつけるとご飯がつぶれてべちゃべちゃになってしまうのだ。押さえつける一歩手前でお玉をあげるのがパラパラになるコツ。私はしっかり押さえつけたので、べちゃべちゃの焼き飯になった。

秘伝その2:炒めるときの返しは70回は必要だとのこと。これだけしないとおいしい焼き飯にはならない。店で気の短い人は早く出せだせと言うけれど、この70回返す時間は必要だからどうしても5分以上は出来上がるまでにかかるのだと。あんまりせかすと仕方がないから途中でやめて出すけれどとのこと。短気は損気ということだ。

秘伝その3:炒めているときあおるとき以外は鍋をコンロから離してはいけない!コンロから離すと中味が焦げ付いてしまう。

秘伝その4:あおりは鍋を手前に引くようにすればうまくいく。

焼き飯の作り方はいろいろな方法があるが、この秘伝はどの方法にも共通だから、よいことを教わった。

|

« 男の料理教室 中華料理編 | Main | イースト菌が膨らんだ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 男の料理教室 中華料理編 | Main | イースト菌が膨らんだ »