« モロヘイヤと卵のオイスターソース炒め | Main | 焼き飯 »

September 02, 2007

男の料理教室 中華料理編

男の料理教室 中華料理編の募集があったので、早速応募した。「定員15名で応募者が多かったら抽選になります」との受付の人の話であった。そんなに人気がある講座なのか?と期待に胸が膨らむ。

抽選に当たったのか、応募者が少なかったのか、無事に受付できましたとの連絡があった。

さて、当日会場へ行ってみると、チョットはやかったせいもあるが、ちらほらとしか人がいない。開始時間になってもあまり人は増えない。男の料理教室なのだが、お母さんに連れられた親子連れ3人を含めてようやく11人。これで全員。

今回の先生は中華料理店のオーナシェフ(としておこう)

11人が4つのテーブルに分かれる。3人、3人、2人と親子連れ3人

早速、先生が手本の料理にかかる。最初は定番のチャーハン。先生の手本のあとに各テーブルで各人自分の分のチャーハンを作る。なんだかひとり分のご飯が多いようだが、とにかく作る。出来上がったら、温かいうちに食べたほうがよいということで揃って食べる。通常のチャーハンの一人前は十分にある分量で、全部は食べきれず。次の料理にかかる。

次は卵丼だそうだ。先生のお手本で卵丼ができた。ご飯にのせれば出来上がりだが、ん?。なんと、ご飯がない!? ご飯は全部チャーハンに使ってしまっていた。最初に何を作るのか説明がなかったので、みんなでチャーハンを作るのにご飯を使い切っていたのである。しかたがないから、ご飯があるつもりで、各テーブルで調理にかかる。卵丼を皿に盛ってまた試食。ご飯がないのでややからい。

3品目はニラ玉。ニラ玉であるが、これには豚バラ肉が入っていて簡単にできる。これも各テーブル毎にで合同でつくる。またまた出来上がりを食す。

4品目、これは3分で出来る簡単味噌汁の作り方とのこと。先生が作った味噌汁をみんなで味見。「おいしいでしょう}という先生の言葉のあとで、またテーブル毎に合同で実習。自分たちで作った分も食べないといけない。最後はお腹が膨らんで終了。

今日はいざというとき簡単にできる男の料理だった。一品でいいから本格的な中華の真髄を教えてほしかったな!!

|

« モロヘイヤと卵のオイスターソース炒め | Main | 焼き飯 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モロヘイヤと卵のオイスターソース炒め | Main | 焼き飯 »