« 東横インの工事偽装に怒る | Main | 松井秀喜の世界一受けたい授業 »

January 28, 2006

おやじシェフのシュークリーム 後編

かみさんの希望もあって、おやじはシュークリームに再びチャレンジ。前編で書いた手順でクリームはうまくできた。シューの方が問題なのだ。

シューの材料:無塩バター 60g、水100cc、薄力粉 70g、卵3個

材料を準備し、オーブン用の皿をアルミホイルで覆っておく。オーブンは200℃で15分間予熱する。お鍋を温めておいて水とバターを入れて温め、最後は強火で沸騰させて準備完了。ここに薄力粉を入れる。沸騰させてから粉を入れるのがポイントなのだそうだ。

中火にして木ベラで混ぜていく。おやじはこのために料理用の竹べらを調達しておいた。だんだん混ぜていくと生地がまとまってきた。鍋の底に白い膜が張る程度になるとよいと書いてあるのだが、なかなかここの加減がむつかしい。頃合を見て鍋から生地をおろし、これも用意しておいたガラス製のボール(おやじはこのボールも調達しておいた)に移す。そしてといておいた卵3個分をすこしづつ入れて竹べらで混ぜていくと程よい加減に混ざってきた。へらで掬ってとろとろたれない程度の固さにまとまった。

いよいよ仕上げ。クリームホイップについていた絞り袋に入れようとするがこれもまたむつかしい。入れるそばから穴から生地がもれようとする。これがもれない程度の固さが良いのだと実感した。オーブン皿に適当に大体4cm程度の大きさを目安に搾り出していく。

オーブンは200℃15分、170℃10分焼いて、その後30分そのままにしておくとレシピには書いてあったが、どうも200℃25分の方が良いようだ。今回はなかなか良い具合に膨らんだ。上のほうを包丁で切って中にクリームを詰めてシュークリームの完成!!

なかなかおいしいシュークリームが出来上がった。。

|

« 東横インの工事偽装に怒る | Main | 松井秀喜の世界一受けたい授業 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事