« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

October 26, 2005

長崎の電車通勤その3

今朝のホームは黒一色に染まってきた

ようやく夏が終わったと思ったら、急速に冬が迫ってきたようだ。

なぜかこのごろ電車が空いている。座席に座れる確率が80%近くに

なってきた。

窓の外をみると稲刈りのすんだ田んぼの切り株から

緑の葉がでてまるで草むらのようになっている。

すすきとせいだか泡立ち草が勢力を競っている風景は

もう秋も終わりを感じさせる

田舎の電車はのどかに田んぼの間を走っていく

つかの間のゆとりの時間がすぎるともう終着駅長崎

今日も一日が始まる

| | TrackBack (0)

October 23, 2005

ディープインパクトはすごい

今日は競馬の菊花賞、ディープインパクトが無敗で3冠に挑んだ

今日はいつもと違って道中がすこしおかしかったようで最後の4コーナで

しかけるところまでに先頭の馬との差がとおく最後まで届かないので

はないかと心配した。

しかし最後のスピードがまったく他の馬と違うことを見せつけてくれた。

とぶように走って先頭の馬にみるみるうちに追いついて

あっという間に抜き去っていく感動的な勝ち方であった

とにかくディープインパクトはすごい。

|

October 19, 2005

靖国参拝に思う

なぜ今靖国神社に参拝しないといけないのか

公約だから意地を張って参拝するのか

他の公約はみんな反故にしているのだから靖国参拝も

もうやめても良いのではないか

中国、韓国などの近隣諸国の感情がまだ靖国神社を特別視しているのだから

それを無理に参拝する必然性はまったくないと思う

また靖国神社はやはり戦争の名残を残した神社の感じがする

神様にお参りするのは日本人の素直な気持ちであるが

それを政治的に使うようなことはやめたが良い

それにしても中国も韓国もなんで靖国神社に神経を尖らせるのかな

もう日本は昔の日本ではないし、日本人の一般のこころは

すでに靖国神社を特別なものとしてはみていないと思う

それが証拠に初詣には東京では明治神宮が一番なんだよな

そろそろ昔のことを忘れて未来志向にいくべきだよな

|

October 04, 2005

EXPACK500

EXPACK500という郵便局のサービスを知っていますか
500円でかなりなものが入り、ポストに入れるだけで
簡単に送れるのでとても便利と郵便局が宣伝しているやつだ
ところがこれが役立たずだった。
EXPACK500を使って息子にビデオを送ったときのこと。
息子の卒業した学校の思いで写真を送ったのだ
それも息子が友達の結婚式にでるのにその出し物に使う
予定だった。
ところがである。いつまでも品物が着かないと息子の電話。
しかたがないからまた撮り直して今度は宅急便で送った。
しばらくして息子からまた電話。今度はビデオが2個とも届いたよとのこと
実は息子は昼間は留守がちなため最初のビデオは郵便局の配達人は
局に持ち帰っていて、日を置いて後で配達していた
宅急便ならちゃんと不在配達の紙をおいて置いてくれるのに
郵便局は不親切なんだな
やはり郵政民営化は必要かもしれない
郵便局は土日はしっかり休むが、宅急便なら土日でもやっている

|

October 03, 2005

再び楽天ポイントを使う

9月30日の夜なか11時30分ごろメールを見ると、
なんと「たまっている楽天ポイントの一部が9月分が期限切れになるよ
とのメールが来ていた」
時間はのこり30分。
なにか適当なものを買わなくては!
しかしポイントは1300ポイントしかない
時間は迫ってくるがなかなか適当なものがない

横でかみさんが私は東北で暮らしていたから
焼きうにが大好きなのと言う
それで選んだのが下の”焼きうに”
注文が完了したのはまさに9月30日が終わる
5秒前だった。
ポイントで送料と手数料がただになった

その待望の”焼きうに”が今日我が家に届いた
かみさんはおおよろこび。
岩手に暮らしていたときに食べた味だと
大変喜んだ

これがその岩手産高級貝焼きうに

できたて新物!岩手産高級貝焼きうに80g【2個セット】


|

October 01, 2005

長崎の電車通勤その2

電車の窓からみる風景が秋になってきた
彼岸花はもう終わりに近いのか
赤い花の一部がしろくなってきた
田んぼは稲刈りのすんだところと
まだ残っているところが入り混じり、
今まさに刈りいれの秋である。
ミレーの落穂拾いも今頃の季節だな
電車は長崎に向かって進んでいき
トンネルに入る
トンネルをでるともうすぐ浦上駅である
さあ今日も一日頑張ろう

|

« September 2005 | Main | November 2005 »