April 26, 2018

自家製お茶に茶レンジ

我が家の庭にはお茶の木があるが今までお茶にしたことはなかった。テレビで茶摘みの番組があり、レンジでお茶を作っていた。これを茶レンジと洒落ていた。

丁度庭のお茶の木にも新芽が出ていたので、私も早速、茶レンジ。

摘んだ茶の葉がこれ。これだけで約30g。お茶の葉は新芽の部分三枚を摘むと言っていたので、そのとおりにしてみた。

Img_3597

それを水で洗いレンジで600Wで20分乾燥させる。Img_3598

乾燥した状態。

Img_3599

それを手で揉んだらこうなった。

Img_3600

それを急須に入れて少し冷ましたお湯で2分間入れた物がこれ。

Img_3604

美味しい新茶がいただけた。

しかし、この少量の茶葉を摘むのでもまあまあの手間で、さらに干して揉んでとお茶の葉つくりは大変なことだ。

これからお茶を頂くときは、しっかり味わって頂かないといけない。

| | Comments (0)

April 19, 2018

平戸つつじの花が満開に

暖かい日差しが続いている。団地の土手の平戸つつじも満開で道行く人の眼を楽しませてくれている。

Img_3590

Img_3588

なんじゃもんじゃの花も満開。もじゃもじゃの白い花が満開になっていた。

Img_3579_3

こでまりの花も満開で家の塀から溢れている。今年は我が家ではこでまりの花が咲かなかった。プランターの場所を替えて、日当たりが悪かったのが影響したようだ。

Img_3592

| | Comments (0)

April 04, 2018

久留米つつじの花が満開

今日は我が家の玄関先の温度計も26℃を示していた。最近の気温はもう五月のようだとのニュースがあった。

散歩に出ると、モッコウバラの花が咲き始めていた。

Dscn0234

植え込みの久留米つつじがもう満開だ。Dscn0239

平戸つつじの花はこれから咲こうという状態。Dscn0242_2

保育園の園庭では藤の花も咲き始めていた。

Dscn0244

たしかに5月を感じさせる花の咲き方だ。おかげで今年は桜の花が長い間楽しめた。

さて、今年の夏はどうなるだろうか??今の状況から予想すると猛暑になりそうだ。

| | Comments (0)

March 31, 2018

春 満開

満開の桜を眺めながら福岡までドライブした。

福岡でも桜は満開でひときわ大きい桜の木があった。

Img_3559

民家の庭には木瓜の花。

Img_3548
花海棠の花も満開。

Img_3551
例年は桜の花が咲くときは、冬に戻ったような寒さだったり、雨や風で花が散ったりしていたが、今年は桜の花を堪能できるようにと神様の粋な計らいだろうか、花が咲き始めてから良い天気が続いていて、気温も5月の暖かさで花見にはもってこいだ。

西行法師は桜の花を見て「願はくば、花の下にて春死なむ、その如月の望月の頃」と詠まれたそうです。

今日は旧暦では2月15日でその如月の望月の日だそうだ。満月に夜桜とシャレてみたいところだ。

| | Comments (0)

March 27, 2018

桜満開

ついこの間まで桜の木は枯れ木のようにしていて蕾もなかなか開かなかったが、最近の暖かさで一気に花が開いてきた。花が咲き始めたと思ったらあれよあれよという間に満開になってきた。

花咲か爺さんの昔話はこの様子をお話にしたのだろうと思う。

今を逃しては満開の花を見そこなうと思い、桜の名所のドライブツアーに出かけた。

まず文化会館の桜。見事に満開。介護施設の車が何台も来ていてお年寄りに桜の花を楽しませて、花と一緒にポーズをとって写真を撮っていた。

Img_3523

Img_3526
次は森山の唐比の桜のトンネル。ここでも沢山の車が来て花を堪能していた。

Img_3529_2
最後は大草の古川(ふるこ)の桜。こちらも満開。

Img_3537

Img_3542

JRの長崎本線の鉄道が隣を走っているが桜の花と菜の花のコラボレーションが見られた。

Img_3544

春の気分を満喫した花見ツアーだった。

| | Comments (0)

March 21, 2018

ガッテン 新型便秘の解消法 「考える人」

ガッテンで新型便秘の解消法を放送していた。

この新型便秘はまさに私のタイプだった。普通、便秘と言えば何日も出ない症状を言うが、私の場合は出したいのに出せなくて七転八倒するものだった。

これは排出困難型便秘と言って、恥骨直腸筋が力んだときに収縮して出口を閉めてしまうことが原因なのだそうだ。

その解消法は「考える人」のような形で座ることだそうだ。

この「考える人」のスタイルに追加で踵をあげて試してみた。スッキリ!!

老化によるいろいろな問題は工夫しながら対策を練っていかねばならないが、今回の放送はなかなかためになるものだった。

ガッテンのURLがこれ。(残念ながら放送ではあった「考える人」スタイルの説明は省略されている。これがもっとも重要な対策なのだが!!)

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180314/index.html

論文の紹介がこちら。

https://mainichi.jp/articles/20160210/dde/041/040/047000c

| | Comments (0)

March 14, 2018

こぶしの花が咲いた

ここ2,3日の暖かさでこぶしの花が一気に開いてきた。本格的な春はこぶしの花から始まる。Dscn0178

家の庭では木瓜の花も満開になった。

Dscn0180

公園のこぶしの木。木一杯に花がついている。

Dscn0182

青空に白い花が映える。

Dscn0188

こぶしは木蓮の花によく似ているが花が少し小さく、木一面に花が咲くのが特徴だ。

| | Comments (0)

March 06, 2018

折り紙で作る箸袋

サークル活動で箸袋を作った。作品がこれ。

Img_3455
裏も表も綺麗な折り紙を用意して作る。折り紙を和紙にすれば本格的な箸袋が出来るのでパーティなどで簡単におしゃれなものが出来る。

手順は以下の通りで折り紙さえあれば簡単に出来るのでお薦めだ。

まず折り紙を用意する

Img_3440

端から25mmのところに折り込む。

Img_3445

一度開いて反対側から同じように25mmのところに折り込む、

Img_3446

これを下図のように折って折り目から1mm程度ずらして折る。

Img_3447

さらにもう一度右側を下図のように折る。今度は端から5mmほど開けて折る。

Img_3448

折ったところを図のようにもう一度折る。端の線を合わせるように折る。

Img_3450

さらにもう一度折る。これで大体完成。

Img_3451

箸袋の下になる部分を下図のように裏側に折り曲げる。

Img_3452

下図のように下側の部分にテープを巻く。このテープは好きな色の紙の裏に両面テープを張ってテープ状に切って作る。これで箸袋の下の部分を押さえて完成だ。!

Img_3454

| | Comments (0)

March 01, 2018

枝垂れ梅

昨日の夜は春の嵐で激しい風が吹いていたが、今朝はもう穏やかになり、春の気配を満喫できる天気になった。散歩に出ると家々の塀から枝垂れ桜が満開を過ぎるくらいになっていた。

Img_3413
これから次々に春の花が咲いてくるのが待ち遠しい。

| | Comments (0)

February 11, 2018

猛威をふるうインフルエンザ

今年はインフルエンザが猛威をふるっている。A型とB型の二種類があり、その両方にかかる人も多いそうだ。

私も今年はついにインフルエンザに罹った。

いままでインフルエンザに罹ったこともなく、人ごみに出る機会も少ないと思って油断して予防接種を去年から受けていなかった。7日の朝からいつもは寒いと思わない程度なのに寒いなあと思いながら、会議に行ったり、買い物をしたりしていた。午後には熱は37.1℃だったが、なんとも気分が悪いので病院に行った。

熱も低いのでまさかインフルエンザではなかろうと思っていたが先生が即インフルエンザの検査をしてみようと言って検査キットで検査したらきれいにB型のマークが出た。タミフルと解熱剤を貰って帰りすぐタミフルを飲んだ。その後で熱がどんどん出て38.6度までなったので解熱剤を飲んだ。

その日はそのまま眠って、翌日の朝は熱は37℃台に下がった。熱は下がったが身体のあちこちが痛くて身動き出きず、一日中布団の中で寝たり起きたりしていた。

幸いインフルエンザに罹った人から聞いていた嘔吐や下痢もなく食欲もまあまああり助かったが、夜もよく眠られず、昼も夜もない生活になった。

9日は熱も大分引いて来て外にも出られるようになり、病院に行って様子を見てもらったが、その夜は肩や腰がむずむずして一晩中眠られなかった。翌10日は土曜で、その日の夜も眠れないと困るので病院に行って睡眠薬を貰ってきた。夜になり眠ろうとするが案の定寝付かれず、貰ってきた睡眠薬を飲んだ。それでも寝付かれなかったのだが、そのうちに眠ってしまった。その後はぐっすり眠って11日は起きたのが朝の10時。気分もすっかりよくなりようやくインフルエンザから脱出できた。

しかし、まだA型にかかっていないので油断しないで暮さないといけない。

外に出たら蝋梅の花が満開になっていた。もう春がすぐそこまで近づいている。

Img_3365

| | Comments (0)

«お手軽割烹 ケンミン焼ビーフン